楠本端山旧宅 (クスモトタンザンキュウタク)

「西海の大儒」楠本端山の旧家は当時の儒学者の生活をしのばせます。本県唯一の儒教墓と共に長崎県指定史跡となっています。

  • 203views

端山は弟碩水と共に「西海の大儒」と、呼ばれた儒学者で、幕末から明治にかけての激動期に活躍した人です。維新の英傑、坂本竜馬、西郷隆盛、木戸孝充をはじめ多くの志士に感化を与えています。その旧宅は、父の忠次右衛們が天保3年(1832年)に建てたもので、門を入ると3箇所に玄関があり、右から来客用、家族用、使用人用と分かれています。さらに儒教の祠堂も備えるなどした貴重な建物です。
また、端山一家の墓は儒教形式のもので県内唯一の現存例です。
*工事に伴い、見学希望者の安全確保のため、敷地内への立ち入り制限をしております。作業終了日時について現段階では未定(2019.9.17現在)

基本情報

住所 〒859-3452 長崎県佐世保市針尾中町1698-2
電話番号 0956-22-6630(佐世保観光情報センター JR佐世保駅構内)
料金 無料
アクセス 佐世保駅から西肥バス西海橋コラソンホテル行もしくは西海橋西口行で40分。葉山下車、徒歩10分(墓地は下車すぐ)。

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.