旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

【佐世保港発】日本3大潮流西海うずしおコース

【佐世保港発】日本3大潮流西海うずしおコース-1
  • 所要時間:半日~1日
  • 交通手段:車、徒歩
  • 印刷する

START

佐世保港浦頭ターミナル

佐世保港浦頭ターミナル-1

2020年4月に供用を開始した新しいクルーズ受入の拠点。日本最大級のテーマパーク「ハウステンボス」まで車で約10分の距離に位置し、周辺には温泉施設なども点在するため1日中寄港地観光を満喫することができます。

住所 長崎県佐世保市針尾北町

車で10分

西海橋

日本三大急潮のうず潮は迫力満点
西海橋-1
1955年に佐世保市と西彼半島をつなぐ橋としてかけられた全長316m、海面からの高さ43mのアーチ式の橋です。日本三大急潮のひとつに数えられる針尾瀬戸の急流とうず潮も有名です。

また、佐世保市の桜の名所としても知られる西海橋。春には観光客の方はもちろん、遠足やお花見などで方々でも大いに賑わいます。桜が開花するこの時期には、激しい急流と渦潮がみられ、「うず潮まつり」も開催されます。


【お花見情報】3月下旬~4月上旬 ソメイヨシノ・・・約1500本
       4月上旬~5月上旬 ヒラドツツジ・・・約30,000本
 
住所 長崎県佐世保市
電話番号 0956-58-2004(西海橋公園管理事務所)

車で10分

車で8分

浦頭引揚記念平和公園・資料館

戦後140万人の引揚者が祖国への第一歩を印した想い出の地
浦頭引揚記念平和公園・資料館-1

 

新型コロナウイルス感染防止対策として、以下の方々におかれましては、来館を制限させていただく場合がありますのでご了承ください。

○長崎県外の方
○発熱がある方
○体調がすぐれない方
○団体でご利用の方

なお、入館される方につきましても、マスクの着用や消毒の徹底をお願いします。

ご利用予定の方々には大変恐縮ですが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。
 

 


1945年9月、佐世保は外地からの引揚港に指定されました。引揚者の母国への上陸第一歩を印した場所が、佐世保湾の南東に位置するこの浦頭でした。引揚者は1950年4月までに軍関係者、民間人合わせて約140万人の人々がこの地に上陸されました。浦頭は1986年、全国からの募金によって平和を願う公園として整備され、資料館が併設されています。この資料館には当時の着衣、日記、紙幣、リュックサック、引揚記念書・軍人手帳、収容所での詩集、DDT消毒道具などが展示されています。2000年1月には、田端義夫氏が歌った「かえり船」の歌碑が建立されました。
住所 〒859-3454 長崎県佐世保市針尾北町824
電話番号 0956-58-2561
営業時間 記念資料館9:00~18:00 (11月~3月は17:00まで)
休日 年末年始(12月30日~1月3日)

徒歩5分

佐世保港浦頭ターミナル

佐世保港浦頭ターミナル-1

2020年4月に供用を開始した新しいクルーズ受入の拠点。日本最大級のテーマパーク「ハウステンボス」まで車で約10分の距離に位置し、周辺には温泉施設なども点在するため1日中寄港地観光を満喫することができます。

住所 長崎県佐世保市針尾北町

FINISH

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

その他のモデルコース

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。