戸石の六地蔵塔 (トイシノロクジゾウトウ)

市指定有形民俗文化財

  • 66views

この戸石の六地蔵は重制(じゅうせい)の佐賀型六地蔵石幢(せきどう)です。

この型の六地蔵は、室町時代中期以降江戸時代前期にかけて流行したもので、笠は宝珠付六角形、龕(がん)に六地蔵が高浮彫され蓮台(れんだい)に立っています。その下に円柱の下りがついており、中台は円形で角柱の下りがあり、上竿石に円・角・月形の彫り抜きがあり、火袋(ひぶくろ)になっていて、慶長9年(1604)の紀年銘があり、下竿石は埋め込みのようです。


島原の乱(1637~1638)後、この地に宝瑞庵が創設されたといわれていますが、この六地蔵石幢はもともとこの地に存在していたのか、後で他から移されたものか不明です。
石幢を火袋に加工した例は他に見られず、珍しいものだといえます。

基本情報

住所 〒851-0113 長崎県長崎市戸石町1788番地
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅からバス(江の浦行)乗車40分、戸石局前下車徒歩5分。     
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.