\長崎のおススメお土産が当たる/プレゼント付きアンケート実施中🎁

大村純忠終焉の地(坂口館跡) (オオムラスミタダシュウエンノチ(サカグチカンアト))

日本初のキリシタン大名大村純忠が隠居し、1587年、55歳で亡くなった地。

  • 62views

日本初のキリシタン大名大村純忠が隠居し、1587年、55歳で亡くなった地。未亡人は、同年、伴天連追放令が出されたとき、ここに宣教師をかくまい、息子の大村喜前が1606年に棄教するまで、イエズス会が使用していたという。

基本情報

住所 〒856-0017 長崎県大村市荒瀬町大門(国道444号線と長崎自動車道が交差する地点)
文化財 市指定史跡
休日 なし
アクセス 長崎自動車道大村ICから車で5分。または、JR大村駅からバスで20分坂口バス停下車徒歩3分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら
詳しく見る
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.