天正遣欧少年使節顕彰之像 (テンショウケンオウショウネンシセツケンショウノゾウ)

ローマに派遣された日本初の公式使節団

  • 339views

ヴァリニャーノ神父は、大村純忠、大友宗麟、有馬晴信のキリシタン大名の名代として、伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンの4少年をローマに派遣しました。
 
ヨーロッパのキリスト教文化を見聞させ、日本をヨーロッパに紹介するためでした。
 
一行は長崎港を出港し、マカオ、マラッカ、インド、喜望峰をまわり、2年半かかってヨーロッパに渡り、ローマ教皇と掲見しました。
 
そして、出発してから8年5ヶ月という大旅行の末、天正18年(1590年)帰国しました。
 
少年達は、活字印刷機械などヨーロッパの進んだ技術や知識を持ち帰り、日本文化に貢献しました。

彼らが出帆して400年目を記念し、4少年の偉業をたたえるため、建てられた顕彰像です。

基本情報

住所 〒856-0815 長崎県大村市森園町
電話番号 0957-53-4111(大村市文化振興課)
アクセス JR大村駅から車で約10分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.