旧野首教会 (キュウノクビキョウカイ)

平戸藩の領内だった野崎島は、野首と舟森2つのキリシタン集落があった。

エリア
小値賀
テーマ
教会堂
  • 280views

平戸藩の領内だった野崎島は、野首と舟森2つのキリシタン集落があった。信徒は、信仰を公にして迫害を受けたが、1881年に舟森、1882年、野首にそれぞれ教会を建てた。そして1908年、野首と舟森の信徒が食事を切りつめながら結束して働き、現教会を建てたが、島民が離島して現在は廃堂となった。その後1986年に小値賀町に寄贈された。
 
 
見学に当たってのお願い
旧野首教会の見学は(個人・団体問わず)事前連絡が必要です。
♦連絡先:おぢかアイランドツーリズム協会(外部リンク)
♦TEL 0959-56-2646
♦対応時間:9:00~18:00

基本情報

住所 〒857-4701 長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷野首
教会データ 建物 レンガ造144.47㎡
竣工 1908年
設計・施工 鉄川与助
世界遺産 世界遺産
文化財 県指定有形文化財
アクセス 小値賀港からさらに町営船で35分、野崎港下船後徒歩20分
ウェブサイト 関連サイトはこちら
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.