牛の塔 (ウシノトウ)

犠牲になった牛の供養塔

  • 87views

もともと2つに分かれた小値賀島。鎌倉時代末期より建武元年(1334)まで、2つの島の間の海を埋め立て工事が行なわれ、この時に埋め立てられた新田は建武新田とよばれました。その工事の際、荷運びなどで犠牲なった多数の牛の供養として、小石約7万個に経文を刻んだ「一字一石経」を埋納し、その上に供養塔を建立しました。

基本情報

住所 〒857-4703 長崎県北松浦郡小値賀町中村郷
電話番号 0959-56-2646(おぢかアイランドツーリズム)

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.