猪ノ浦教会 (イノウラキョウカイ)

外洋から見えない入り組んだ入江の奥に建つ小さな教会

エリア
上五島
テーマ
教会堂
  • 96views

猪ノ浦は、近世紀より塩釜があったが、明治維新とともに「廃釜」となった。 明治の中頃になるとカトリック信徒の移住がはじまりました。 信徒は大曽教会へは櫓船で参詣していたが、1947年に聖堂を建設し、1975年に真手ノ浦小教区に属し今日に至っている。 入江の奥に建つ教会は、外洋から見ることができない。 

基本情報

住所 〒857-4415 長崎県南松浦郡新上五島町続浜ノ浦郷猪ノ浦
教会データ 建物 
創建 大正初期(不明)
改修 平成元(1989)年
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合があります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・入館料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.