【宇久島】平家盛公上陸地(船隠し)

()

五島文化発祥の地。瀕死の家盛を救った海士たちが好んだ海

アクセス数679Views

隠密に京を出た平家盛は、安住の地を求めて西を目指し、辿り着いた先が宇久島でした。暴風の中やっとの想いで漂着した家盛は、地元の漁師(海士)に助けられ一命を取り留めます。
 漁師たちは、家盛公たちが乗っていた小舟を磯の入り江に隠し、その上の岬の丘で暖をとり、体を温めてあげました。船を隠した入江は「船隠し」、暖をとった岬は「火焚崎(ひたきざき)」と呼ばれており、夕陽の鑑賞スポットです。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4814 長崎県佐世保市宇久町本飯良地区
電話番号 0959-57-3935(宇久町観光協会)
アクセス <フェリー>
博多港ー宇久平港 フェリー約3時間50分
佐世保港ー宇久平港 フェリー約2時間10分、高速船約1時間20分
ウェブサイト 宇久町観光協会

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット