【宇久島】三浦神社の大ソテツ

()

長崎県天然記念物。ソテツには悲恋の物語が込められていました。

エリア
宇久
テーマ
自然・景観 神社・仏閣
アクセス数194Views

三浦神社のソテツは、長崎県の天然記念物に指定されており、海の神様「豊玉姫命」を祀る太田江郷の三浦神社の境内に自生している。境内にソテツが生えている由縁は、古くは神后天皇が朝鮮出兵の際この地に立ち寄り、その軍の兵士と地元の娘が恋に落ちたことから始まっており、出兵に伴い叶わぬ恋に落胆した娘が崖から身を投げ、現在の三浦神社付近に打ち寄せられた娘の亡骸の傍にソテツが生えていたことから娘の化身として大切に育てたと言われている。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4903 長崎県佐世保市宇久町太田江地区
電話番号 0959-57-3935(宇久町観光協会)
休日 年中無休
料金 無料
アクセス <フェリー>
博多港ー宇久平港 フェリー約3時間50分
佐世保港ー宇久平港 フェリー約2時間10分、高速船約1時間20分
ウェブサイト 宇久町観光協会

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット