旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
殉教地へひかれていった最後の別れの地

妻子別れの石

エリア
諫早・大村 
テーマ
史跡・文化財  
  • 殉教地へひかれていった最後の別れの地
明暦3年(1657年)潜伏キリシタンが発覚した大事件「郡崩れ」に関係ある場所です。 
 
翌年の万治元年(1658年)に、大村牢から200人の武士に厳しく警護されて、処刑のため131人が斬罪所に連れて行かれました。見送ってきた家族や親戚の人たちと、最後の別れを惜しみ、水盃を交わした所と伝えられています。
 
とめどもなく流れる悲しみの涙で濡れた石として、またの名を「涙石」とも呼ばれ、今でも苔が生えないといわれています。戦前までは7個ありましたが、現在は3個が残っています。

住 所 〒856-0828 長崎県大村市杭出津3丁目
電話番号 0957-53-4111 ((大村市観光振興課))
ホームページ 『妻子別れの石』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR大村駅から徒歩約15分
周辺の観光スポット
周辺の長崎グルメセレクション認定店<県民が選んだおすすめグルメ店>
このスポットに行くモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる