旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
古式捕鯨やかくれキリシタン信仰など生月島の特徴的な歴史・文化を紹介

平戸市生月町博物館・島の館

エリア
平戸・松浦 
テーマ
博物館・美術館  
  • 古式捕鯨やかくれキリシタン信仰など生月島の特徴的な歴史・文化を紹介
  • 古式捕鯨やかくれキリシタン信仰など生月島の特徴的な歴史・文化を紹介
  • 古式捕鯨やかくれキリシタン信仰など生月島の特徴的な歴史・文化を紹介
  • 古式捕鯨やかくれキリシタン信仰など生月島の特徴的な歴史・文化を紹介
捕鯨、かくれキリシタン、民俗、魚の剥製の4つの常設展示室と、企画展示室からなり(展示総面積1,322平方メートル)、日本捕鯨の歴史やかくれキリシタン信仰の様相についてジオラマ(模型)や映像を駆使し、分かりやすく紹介しています。

また日本最古の捕鯨業関係史料やかくれキリシタンの聖画など他で見る事ができない貴重な資料も数多く展示されています。

250点を越える魚の剥製展示も必見です。

住 所 〒859-5706 長崎県平戸市生月町南免4289番地1
電話番号 0950-53-3000
料 金 ○2019年10月1日より料金改定となります。
大人/520円、高校生/310円、小中生/210円
※団体割引あり
営業時間 9:00~17:00
定休日 1月1日・2日(燻蒸等による特別休館有)
ホームページ 『平戸市生月町博物館・島の館』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 生月大橋から車で2分

周辺の観光スポット
周辺の長崎グルメセレクション認定店<県民が選んだおすすめグルメ店>
このスポットに行くモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる