旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
観光島原のシンボルである島原城は、キリシタン資料を中心とした総合的な郷土史料博物館です。

島原城天守閣、西望記念館・観光復興記念館

エリア
島原・雲仙・小浜 
テーマ
博物館・美術館  
  • 観光島原のシンボルである島原城は、キリシタン資料を中心とした総合的な郷土史料博物館です。
  • 観光島原のシンボルである島原城は、キリシタン資料を中心とした総合的な郷土史料博物館です。
  • 観光島原のシンボルである島原城は、キリシタン資料を中心とした総合的な郷土史料博物館です。
島原城は、1964年に復興された五層の天守閣をはじめ、3か所に三層櫓を配し、安土桃山様式の壮麗な面影を残しています。

天守閣はキリシタン史料館として島原の乱にまつわる数多くの史料を展示しており、西望記念館は日本彫塑界の巨匠で文化勲章を受賞した郷土出身の芸術家北村西望氏の代表作を展示している施設です。

また観光復興記念館では198年ぶりに噴火した雲仙普賢岳の噴火活動の経過を写真、模型、200インチのスクリーンで紹介しており、火山学習に最適なスポットとなっています。

住 所 〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号 0957-62-4766 ((島原城天守閣事務所))
料 金 天守閣・西望記念館・観光復興記念館の共通券 大人 540円、小人 270円
営業時間 9:00~17:30
定休日 12月29日、12月30日
ホームページ 『島原城天守閣、西望記念館・観光復興記念館』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 島原駅から徒歩約10分