旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]
人気の紅葉スポットで秋の絶景を満喫-1

人気の紅葉スポットで秋の絶景を満喫

大自然の雲仙紅葉(雲仙市)や切り取られた絵のような美しさの「逆さ紅葉」で知られる寿福寺(佐世保市)、毎年日にち限定で一般公開される迎仙閣(長崎市)など、県内各地の魅力あふれる紅葉風景をお楽しみください。

※見頃については、例年の時期を記載しております。気候により前後する場合がございますので、ご確認の上おでかけください。

※2022年迎仙閣の公開日を更新しました。

一年で2日間しか公開されない、植木の里にある見事な庭園「迎仙閣」(長崎市)

樹木の里として、九州最古と言われ400年の歴史をもつ迎仙閣の庭園風景は遠方の行仙嶽を借景として造られています。
迎仙閣には四季拆々の花が咲きますが、紅葉の時期に期間限定で公開される紅葉は見事です。

住所:長崎県長崎市松原町2520番地(GoogleMap

公開日:2022年11月26日(土)・27日(日)(例年11月第4週の土日に限定公開)
時間:10:00~17:00
※マスク着用をお願いします。 
※ペット入場不可

「寿福寺の逆さ紅葉」(佐世保市)

寿福寺では、紅葉の時期になると、色鮮やかな「逆さ紅葉」が期間限定で一般公開されます。この時期、お寺では広間の畳を一部はがしてアクリル板をはめ込み、庭園の紅葉を逆さに映るように仕掛けを施します。その景色はまさに、切り取られた絵のように美しく、訪れた人たちを楽しませます。
 

公開期間:2022年11月19日(土)~28日(月)
時間:12:00~16:00
拝観料:500円

広大な敷地の紅葉に圧巻「三十路苑」(雲仙市)

「六兵衛茶屋の経営者が、8,000坪の自宅裏山にもみじを植えだしたことが始まり」と言われる三十路苑。
鮮やかな紅葉に加え、ライトアップされた夜の景色は幻想的で、昼間とは一味違った世界も魅力的です。
紅葉する植物が120種類を越え、国の天然記念物に指定された雲仙の紅葉を広大な敷地でお楽しみください。
 

公開期間:2022年11月19日(土)~12月4日(日)
営業時間:9:00~21:30(夕方よりライトアップ)
入場料:600円(おひとり)
駐車場:約100台

ロープウェイからの景色に圧巻!山肌を染める紅葉「仁田峠」

「春のつつじ、夏の新緑、秋の色鮮やかな紅葉、冬の霧氷」と四季を通じて自然が美しく姿を変える風景を楽しむことができる仁田峠。
峠へとつながるスカイラインでは、杉や桧の樹林・有明海や九重連山の絶景を、峠から山頂までのロープウェイでは、上空1300メートルからの景色を楽しむことができます。
また、第二展望所からは、平成新山を間近に見ることもできます。

例年の見頃:10月下旬~11月中旬
 
※仁田峠行き乗り合いタクシーは、当面の期間運休となっております

川沿いに連なる紅葉が水面に映る「舟志のもみじ街道」(対馬市)

対馬市上対馬町の舟志(しゅうし)川周辺は「舟志森林公園」として整備され、対馬一の紅葉を誇っています。川沿い約7キロに渡り、モミジやカエデが群生し、「もみじ街道」と呼ばれる散策コースも整備されています。秋が深まると川面に紅葉の赤と常緑樹の緑が錦を織り成し、水面に赤や緑の色が映りとても美しく、訪れる人を魅了します。

例年の見頃:11月中旬~下旬

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。