大平教会 (オオビラキョウカイ)

若松島の北東部に建ち、白亜の外観と空にそびえる十字架鐘楼が重厚感を醸し出す教会。

エリア
上五島
テーマ
教会堂
  • 218views

若松港から龍観山展望所入口をさらに海を眺望しながら7kmほど進むと、モダンな教会が突然あらわれる。 教会の前は、コバルトブルーのきれいな海、後ろは山の緑に包まれ、地理的に不便な地区ではあるがキリシタンの信仰の歴史を伝える静かな場所に佇んでいる。 教会は白亜の外観と、空にそびえる十字架鐘楼が重厚感を醸し出す。 教会入口からは見えないが、目の前の瀬戸の岩場には、瀬戸を航行する船を見守るように聖母像が建っている。

基本情報

住所 〒853-2311 長崎県南松浦郡新上五島町西神ノ浦郷大平
教会データ 建物 
創建 1892年
改修 1958年
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・入館料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
アクセス 奈良尾港から車で30分
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.