大水教会 (オオミズキョウカイ)

幹線道路から外れ、東シナ海を望む急斜面に建つ教会

エリア
上五島
テーマ
教会堂
  • 244views

番岳の北側山腹、東シナ海を望む急斜面に建っている。 明治初期の大水は、信仰を守る組織や伝道士の資格を持った信徒のいないキリシタン集落だった。 そのため迫害を受けずに済んだが、カトリックへの信仰復帰が遅れることになった。 赤波江助作、赤波江キタの活躍によって、多くの信徒が洗礼をうけ、カトリックに復帰した。 

基本情報

住所 〒857-4602 長崎県南松浦郡新上五島町曽根郷大水
教会データ 建物 
創建 1881年
改修 1985年
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合があります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・入館料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.