旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎の観光を楽しむにはこちら。[PR]

太田尾教会 (オオタオキョウカイ)

1929年に信者たちの手によって海を見晴らす斜面に建てられたゴシック様式の教会

エリア
西海
テーマ
教会堂
  • 1699views

大島の新田開発で、外海神ノ浦から1820年に移住してきているという。1883年、外海の黒崎村の奉公先でカトリック信徒になった大田尾の女性が島に戻って信仰を続け、明治の中頃、上五島鯛ノ浦の漁師が暴風雨をさけて塩田に逗留し、キリスト教の教えを説いたことで、数人がカトリック信徒になり、塩田、塔ノ尾、大田尾、中戸に次第に信徒の数が増え、黒島教会から司祭が塩田の家御堂に巡回してきた。やがて佐世保の巡回地になり、1929年、大田尾に現教会が建つ。

基本情報

住所 〒857-2422 長崎県西海市大島町太田尾4522
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。