高後﨑船番所跡 (こうござきふなばんしょあと)

異国船を取り締まる港の要

  • 736views

俵ヶ浦半島の高後崎にある船番所の跡です。江戸時代、唯一の貿易港だった長崎の警備を担った平戸藩が設置した番所跡。長崎奉行の指示により外国船の取締りを行いました。船溜まりの古い石組みの突堤が歴史を物語ります。また高後崎と西海市は約850mしか離れていないので、すぐ近くに見えます。

基本情報

住所 〒857-1235 長崎県佐世保市俵ヶ浦町2300
電話番号 0956-22-6630(佐世保観光情報センター(JR佐世保駅構内))
アクセス <バス>佐世保駅から「俵ヶ浦」行で約50分、「俵浦中央」で下車後、徒歩約30分。

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。