このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり佐世保・北松浦エリア > 黒島天主堂

教会めぐり

黒島天主堂(クロシマテンシュドウ)

●世界遺産構成資産内教会 ●国指定重要文化財

黒島天主堂

黒島天主堂

黒島天主堂は、文化・文政の頃、生月や外海から移住してきたキリシタンにはじまった。最初に常駐したマルマン神父が、基礎に特産の黒島御影石を積み、40万個のレンガを使い、1902年に祝別した荘厳な教会。


【黒島天主堂を見学される際は事前連絡をお願いします。】

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産内の教会堂は、今も祈りの場として使用されています。
ミサや冠婚葬祭などで見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には、下記窓口への事前連絡が必要となります。黒島天主堂を見学される際も事前連絡が必要となりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 
※相浦桟橋前の駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。


黒島天主堂の保存修理工事を2018年11月から実施することに決定いたしました。
つきましては安全性の確保を最優先とするため下記の期間中は敷地内への立ち入りを制限し、建物の見学は外部の見学台からとさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
※保存修理工事が開始されるまでは、通常どおり、黒島天主堂の見学は可能です。
 
工事期間中は見学台の一部設置や特別公開が予定されております。
〇見学台の範囲や特別公開の時期についての問い合わせ
〔佐世保市教育委員会 文化財課まで TEL:0956-25-9634〕
 平日8:30~17:15〈土・日・祝日休〉
 
〇工事期間  2018年11月18日(日)~2020年10月末まで(予定)
※工事の進捗によっては、工事期間が延期されることがあります。
 

所在地 857-3271 長崎県佐世保市黒島町3333
教会データ 建物 木造及びレンガ造489.4㎡
竣工 1902年
設計 マルマン神父
施工 前山佐吉ほか
小教区 黒島小教区
交通アクセス
相ノ浦港から島まで船50分、黒島白馬港から徒歩30分
地図を見る
ホームページ 『黒島天主堂』についてのホームページはこちらへ
エリア リンク [佐世保・北松浦エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ