樫ノ浦のアコウ巨木

(かしのうらのあこうきょぼく)

県の天然記念物に指定されている九州最大級の巨樹

エリア
下五島
テーマ
自然・景観
アクセス数1,187Views

1951年(昭和27年)に県の天然記念物に指定された樫ノ浦のアコウ巨木は、長崎県最大の巨樹であるだけでなく、九州でも第一級の部類に入ります。

アコウはクワ科の常緑高木で、中国南部から台湾・南西諸島をへて、九州・四国・本州の暖地に分布します。長崎県内では、島原半島・長崎半島・西彼杵半島、五島各地、平戸島から北松浦郡の鷹島、壱岐に大木をみることができます。

その中でも、樫ノ浦のアコウはかなりの巨樹で、根まわりは15mを超え、樹高は10m以上、東西南北へそれぞれ14m、19m、12m、16mも枝を張っています。枝はさらに分岐して入り交じり、その枝からは大小の気根がたれ下がっています。長大なものは地面に達して支柱根となり、四方へひろがる枝を支えています。

他にも、玉之浦のアコウ(県指定天然記念物)や富江小学校グラウンドのアコウの木(市指定天然記念物)があり、アコウの巨木巡りができます。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒853-0051 長崎県五島市平蔵町1570
電話番号 0959-72-6111(五島市役所)
アクセス 福江港から車で約15分
五島つばき空港から車で約20分

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット