旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
巨木が立ち並ぶ神社の社叢

深江諏訪神社の社叢

エリア
島原・雲仙・小浜 
テーマ
神社・仏閣  
  • 巨木が立ち並ぶ神社の社叢
信濃国上田庄から移住した人が、信濃第一の大社である諏訪神社を勧請し、正長元年(1428)8月27日、現在地に祭ったものです。社叢は主に本殿の北西部によく発達しています。この社叢の中にはクスノキの大きなものが7本あります。その中でも最大のものは、目通り幹まわりが6.60mもあります。このほかチシャノキ(目通り幹まわり2m)、ハリギリ(目通り幹まわり2.1m)が1本ずつありますが、これほどの大木は珍しいそうです。

住 所 〒859-1504 長崎県南島原市深江町丁3142ほか
交通アクセス 島原鉄道バス「宮ノ前」バス停下車 徒歩1分
閉じる 閉じる