深江諏訪神社の社叢 (フカエスワジンジャノシャソウ)

巨木が立ち並ぶ神社の社叢

  • 34views

信濃国上田庄から移住した人が、信濃第一の大社である諏訪神社を勧請し、正長元年(1428)8月27日、現在地に祭ったものです。社叢は主に本殿の北西部によく発達しています。この社叢の中にはクスノキの大きなものが7本あります。その中でも最大のものは、目通り幹まわりが6.60mもあります。このほかチシャノキ(目通り幹まわり2m)、ハリギリ(目通り幹まわり2.1m)が1本ずつありますが、これほどの大木は珍しいそうです。

基本情報

住所 〒859-1504 長崎県南島原市深江町丁3142ほか
アクセス 島原鉄道バス「宮ノ前」バス停下車 徒歩1分

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.