旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
異国船を取り締まる港の要

高後崎船番所跡

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
史跡・文化財  
  • 異国船を取り締まる港の要
俵ヶ浦半島の高後崎にある船番所の跡です。江戸時代、唯一の貿易港だった長崎の警備を担った平戸藩が設置した番所跡。長崎奉行の指示により外国船の取締りを行いました。船溜まりの古い石組みの突堤が歴史を物語ります。また高後崎と西海町は約850mしか離れていないので、すぐ近くに見えます。

住 所 〒857-1235 長崎県佐世保市俵が浦町2300
電話番号 0956-22-6630 (佐世保観光情報センター JR佐世保駅構内)
交通アクセス JR佐世保駅から「俵ヶ浦行」約50分、俵浦中央下車。徒歩約30分
閉じる 閉じる