原生沼沼野植物群落 (ゲンセイヌマヌマノショクブツグンラク)

国指定天然記念物

  • 112views

雲仙温泉街から徒歩数分のところにある原生沼に群生する植物群です。
原生沼は雲仙温泉街の一隅、絹笠山の東麓にある面積約1.2haの小湿原にあります。

湿原群落は大別するとシカクイ群落・ハリミズゴケ群落・オオミズゴケ群落でこの順に乾燥化していて一番乾いたところはウンゼンザサ群落となっています。
湿原全体としては,ヨシ・ヒメゴウソ・カサスゲ・ススキが優勢であります。ここは北方系のカキツバタの九州で数少ない野生地でそれは殆どハリミズゴケ群落の中に限られています。

オオミズゴケ群落の中にはヒメミズゴケが混じるところがあり、乾燥のすすんだところには、ミヤマキリシマ・ウンゼンザサ・ウマスギゴケが生えています。
レンゲツツジやヤマドリゼンマイも生育しています。この原生沼付近では、全く噴気活動が見られない湿原となっていますが、以前は、雲仙地獄の「大叫喚地獄」のように活発な噴気活動を起こしていました。

このことから、地熱地帯は、徐々に東に移動していると考えられています。
 

基本情報

住所 〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙
電話番号 0957-73-3636(雲仙お山の情報館)
アクセス 島原駅から車で約35分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.