雲仙温泉の最新情報のお知らせ

へそ石と顎かけ石 (へそいしとあごかけいし)

壱岐の島の真ん中

  • 251views

壱岐の中央部、国片主神社の隣、県道脇に木の柵で囲まれた大小2つの丸い石があります。「壱岐名勝図誌」には国分石とあり、壱岐の中心の道標にしていたといわれています。これが「へそ石」といわれる由来だそうです。 その隣に立っている石柱の中ほどに、ちょうど大人の顎がかかるくらいの位置に、謎の切れ込みが。足元を見ると子供用なのか、足踏み台が置いてあります。皆さんも乗せてみては? また、この顎掛け石の上部には六面十二菩薩の仏塔が乗っています。壱岐の島の中心を定めた心の御柱であるとか、あるいはドルメン(巨石信仰)ともいわれています。

基本情報

住所 〒811-5734 長崎県壱岐市芦辺町国分本村触1358-4
アクセス 芦辺港から車で10分

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.