旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
青春(アオハル)に乗る(ライド)!修学旅行先である長崎でのストーリーとロケ地は必見です!

映画「アオハライド」ロケ地さるく&モデルコース

エリア
長崎  
テーマ
映画・テレビのロケ地へ  
800万部突破の大ベストセラーコミックスが映画化!タイトルの「アオハライド」とは、原作者の咲坂伊緒さんが<青春(アオハル)>と<ride(乗る)>を組み合わせて作った言葉。“登場人物みんなが、青春に乗っていく”という意味が込められています。 中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。高2の春に再会するも、どこか人が変わってしまったような洸に双葉は戸惑う。 だが、そっけない言動に隠された洸の優しさは昔のままだった。そんな洸に惹かれてしまう双葉。ふたりと仲良くなるクラスメイトの修子(新川優愛)と小湊(吉沢亮)と悠里(藤本泉)。 双葉に好意を寄せる冬馬(千葉雄大)。双葉と洸の間に立ちはだかる唯(高畑充希)の存在。 徐々に明らかになっていく空白の4年間に隠された洸の秘密。 青春のやるせなさにもがきながらも、双葉と洸の恋が再び大きく動き出していく。 そんな青春(アオハル)の舞台、長崎のロケ地をめぐってみましょう!

    長崎へようこそ!!

    長崎県長崎市尾上町にある、九州旅客鉄道の駅。
    長崎県の県庁所在地、長崎市の中心駅であり、長崎本線の終着駅でもある。

    ◎みどりの窓口(乗車券・指定券・割引きっぷ・定期券など) 営業時間 5:40~22:00 年中無休

    ◎JR九州旅行 長崎支店 (国内旅行・海外旅行・航空券など) 営業時間 平日10:30~19:00 土日祝10:30~18:00 年中無休
    ※年末年始営業なし インターネット予約取扱い 5:40~23:20 きっぷの受取り可能  電話番号095-822-0063

    • 住所:  〒850-0058長崎県長崎市尾上町1
    • 電話番号:  095-822-0063
  • 車で約10分+歩いて10分
    Spot 2
    【1日目】10:30
    大浦展望公園&祈念坂

    回想シーンでは、ポッペンも登場!

    南山手レストハウスの脇から大浦天主堂横を通る坂。狭い道ですが、大浦天主堂の先に長崎港が広がる絶好のビュースポット!作家・遠藤周作が「葡萄の香りがする」と好んだ場所とも言われています。 ここでは、昔の洸とお母さんの回想シーンが撮影されました。 ゆかた姿にポッペンを吹くお母さん役の岡江久美子さんは、長崎弁がお上手でした!

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町5
  • 歩いて5分
    Spot 3
    【1日目】10:45

    長崎港の大パノラマを見下ろす絶景、南山手の丘に位置する長崎ロマンの地

     「グラバー園」は、 国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。   園内は長崎独特の坂の地形のため、動く歩道、エスカレーターを設け、壁泉・石畳による回遊道路をめぐらし、異国情緒あふれる観光名所としてたくさんの人々に親しまれ、年間100万人以上の観光客が訪れています。 長崎港、稲佐山をはじめとする緑したたる山々、人々の息づかいが感じられる街並み。偉人たちも魅せられた絶景が広がるとびきりのビュースポットでもあります。 特に、旧三菱重工造船所第2ドックハウスのベランダからの景観は圧巻で港内を行き交う船の音が間近に聞こえてくる旧リンガー住宅前庭や、旧グラバー住宅前からの景色もオススメです。 また園内には至る場所に花々が配され、いつ訪れても四季折々の花々を愛でる喜びを味わうことができます。 夜のグラバー園は、昼間とは違うロマンチックな雰囲気を味わうことができます。 夜の観光として、7月中旬から10月初旬夜間開園を実施し、旧グラバー住宅をはじめとした洋館群がライトアップされます。 園内にあるハートストーンは「カップルでこの石に手を重ねると幸せになれる」「この石に触れて願いごとをすれば恋が叶う」などいずれも恋愛に関する伝説を持ち、パワースポットとして人気急上昇中です。 ここでは、早朝から悠里が冬馬を引き止めておくシーンなどが撮影されました。修学旅行生役の地元高校生などのエキストラ約40名が参加し、撮影を盛り上げました。地元エキストラは関東から来たという設定のため、ついつい長崎弁が会話で出ないように気をつけていました。

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町8-1
    • 電話番号:  095-822-8223
    • 営業時間:  8:00~18:00(通常期間)
      ※夜間ライトアップ8:00~21:00(4月27日~5月5日・12月22日~12月25日)、8:00~21:30(7月19日~10月9日)

      ※入園受付終了時間は、閉園の20分前となります
    • 休日:  年中無休
  • 車で約5分
    Spot 4
    【1日目】11:30
    長崎あじさい病院(外観)

    孔子廟近くの病院でロケ!

    長崎あじさい病院では、長崎市から救急車をお借りして 洸のお母さんが運ばれるシーンや病室のシーンなどが撮影されました。

    • 住所:  〒850-0918長崎県長崎市大浦町10-40

    孔子廟は、色あざやかな中国華南と華北地方の建築様式が合体した中国本廟の伝統美きわまる彩り豊かな極彩色の廟宇です。

    元来、孔子廟とは、孔子の遺品を納め祀ったのが始まりで、明治26年(1893)中国清朝政府と華僑によって建造されました。
    琉璃瓦・青白石製欄干・龍紋様の御道石・孔子像、72賢人石像などはすべて中国から取り寄せられたものです。併設の中国歴代博物館は、2階には北京故宮博物院提供の宮廷文化財を、3階には中国歴史博物館提供の出土文化財を一堂に展覧しています。

    • 住所:  〒850-0918長崎県長崎市大浦町10-36
    • 電話番号:  095-824-4022
    • 営業時間:  9:30~18:00(入館は17:30まで)
    • 休日:  年中無休
  • 歩いて5分
    Spot 6
    【1日目】12:00

    異国情緒あふれる東山手に位置し、外国人居留地一帯の坂道

    東山手洋風住宅群など、異国情緒あふれる東山手に位置しており、近隣には日本で最初の女学校である活水学院・洋風住宅7棟があります。出島に住むオランダ人の影響か、開国後も長崎の人々は東洋人以外を「オランダさん」と呼んでいた為、当時「オランダさんが通る坂」という意味で居留地にある坂はすべてオランダ坂と呼んでいたと考えられています。現在は、主に活水学院下の坂、活水坂、誠孝院(じょうこういん)前の坂がオランダ坂と呼ばれています。 オランダ坂・東山手甲十三春館前では、クラスメイトの修子・小湊・悠里のカットが撮影されました。

    • 住所:  長崎県長崎市東山手町
    • 電話番号:  095-822-8888
  • Spot 7
    活水女子大学

    素敵なロケーションにスタッフも感動!

    ※活水女子大学は通常は入構できません。 ゴールデンウィーク中にお休みだった活水女子大学をお借りして高畑充希さん演じる唯が洸とラインのやり取りをするシーンが撮影されました。素敵なロケーションにスタッフも感動!

    • 住所:  〒850-0911長崎県長崎市東山手町1-50
  • 歩いて10分
    Spot 8
    【1日目】12:30

    市指定史跡

    1689年唐人屋敷が完成し、それまで民家に散宿していた唐人はすべてこの中に収容されることになりました。主な目的は、密貿易の防止だと考えられています。
    土神堂は、1691年9月、土神の石殿を建立したいという唐人たちの願いが許され建立されたと考えられ、
    観音堂は、瓢簟池の奥の石に「元文二年(1737)」の刻字がありこの年に創建されたと思われます。
    また天后堂については元文元年(1736)南京人らが初めて建てたと長崎名勝図絵に記されています。
    いずれの堂も、後年の火災で焼失したもので、現在あるものは、その後再建又は改修されたものです。

    • 住所:  〒850-0906長崎県長崎市館内町2番地、35番地、12番地
    • 電話番号:  095-829-1193
  • Spot 9
    館内町

    映画「悪人」ロケ地でもある館内町。

    映画「悪人」のロケ地でもあるので、スタッフから「悪人通り」とも言われていたロケ地。 ここでは、洸の回想シーンで、ちりんちりんアイスを食べる昔の洸とお母さんの 楽しそうに会話するシーンが撮影されました。撮影終了後は、ちりんちりんアイスを食べようとスタッフの長い列が出来ました。

    • 住所:  〒850-0906長崎県長崎市館内町15-5
  • 歩いて5分
    Spot 10
    【1日目】13:00

    日本三大中華街。長崎中華を食べるならここ!

    唐船専用の倉庫を建てるために埋め立てられた新地でしたが、今では日本三大中華街のひとつとなっています。あわせて約250メートルの十字路で、東西南北全ての入り口に中華門が立ち、通りには中華料理店等が軒を連ねています。
    また秋の中秋節では、黄色の満月燈籠が、冬のランタンフェスティバルでは赤色のランタン(中国提灯)が通りを彩り、異国情緒ただよう幻想的な世界に街を彩ります。

    長崎中華といえば、やはりちゃんぽんと皿うどん。
    独特の麺、たっぷりの新鮮野菜と魚介の風味が堪能できる一品は、ぜひ一度は食していただきたい、長崎自慢の味です。

    【長崎新地中華街の歴史】
    唐船が入港すると、海岸の倉庫に積荷を搬入していましたが、元禄11年(1698)の大火で焼失しました。
    貿易荷物の搬入と運び出しの便を図り、荷物を火災や盗難から守り、また、密貿易を防ぐために、元禄15年(1702)に海岸を埋め立てて築島をつくり、蔵所(倉庫)を建て、新地荷蔵と称しました。

    幕末から明治初期になると唐人屋敷が廃止されたので、在住中国人はこの場所に移り住み、今では中華料理店や中国産の土産物店が軒を並べ、長崎独特の中国人街を形成しています。

    東西南北4ヶ所の入口には朱塗りの中華門が建っており、東門には青龍、西門には白虎、南門には朱雀、北門には玄武(蛇と亀)と、方角の神である中国伝説上の動物があしらわれています。

    • 住所:  〒850-0842長崎県長崎市新地町
  • 車で15分
    Spot 11
    【1日目】14:30
    高平橋

    撮影周知のビラ配りに奮闘した、高平橋。

    正覚寺下の電停近くにある高平橋で撮影。怖気づく洸に双葉が喝を入れるシーンを撮影しました。この撮影は周辺が住宅地のため、自治会の皆さんにビラ配りをして撮影のご協力をお願いしていました。立山や西山本町も含めると約1000枚のビラ配りを頑張りました。

    • 住所:  〒850-0833長崎県長崎市東小島
  • 車で5分
    Spot 12
    【1日目】15:30
    鉄橋&浜町アーケード

    クランクアップを迎えたロケ場所!

    浜の町アーケード前の鉄橋、会社や学校帰りの通行人が忙しく行き交う中で、成海唯が洸と電話するシーンや双葉がラインするシーンを撮影。鉄橋で、「アオハライド」はクランクアップ(撮影終了)を迎えたのでした。

    • 住所:  〒850-0853長崎県長崎市浜町
  • 歩いて5分
    Spot 13
    【1日目】16:00

    国の重要文化財に指定されている日本最古のアーチ型石橋。

    17世紀、長崎の町並みは拡大され護岸を構築し、ほぼ現在の中島川が形づくられました。このころは、キリスト教禁教の時代であり、唐文化の導入により興福寺などの仏寺が次々と建立されました。 寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設したこの眼鏡橋は、長さ22m、幅3.65m、川面までの高さ5.46mで日本初のアーチ式石橋として有名です。 川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われ、『日本橋』『錦帯橋』と並び日本三名橋に数えられます。 また昭和57年(1982)の長崎大水害で一部崩壊しましたが翌年復元され、国の重要文化財に指定されています。 近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を 集めています。 ここでは、200名近い地元ギャラリーが集まる中、双葉が猛ダッシュするシーンを撮影しました。

    • 住所:  長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間
    • 電話番号:  095-829-1193
  • 車で10分
    Spot 14
    【1日目】16:30
    西山本町

    三木監督お気に入りのロケーション!

    長崎中学校のすぐ近くにある、長崎らしい階段と坂のロケーション。 ここでは、洸の過去をめぐるシーンが撮影されました。 キャスト・スタッフ一同長崎の坂の長さにびっくり! 体力勝負で乗り切った1シーンとなりました。 また、長崎中学校の美術室で、双葉が洸が机にかいた言葉を発見するシーンが 撮影されました。 ※長崎中学校は通常入校できません。

    • 住所:  〒850-0005長崎県長崎市西山本町
  • 歩いて10分
    Spot 15
    【1日目】16:45
    立山

    洸が幼いころ過ごした場所として登場。

    立山のある空き地で、かつて洸の家があった場所という設定で 撮影が行われました。 ゴールデンウィーク中ということもあり、ギャラリーの方々がたくさん! 長崎らしいロケーションはキャストさんたちも印象深かったようです。

    • 住所:  〒850-0007長崎県長崎市立山
  • 車で15分
    Spot 16
    【1日目】17:30

    取材会&ロケが行われました!

    修学旅行の宿泊先として、撮影が行われました! 地元の高校生エキストラも大活躍! 三木監督の地元取材会も行われました。 三木監督は、「青春は、いつだって間違える。でも、 だからこそ、青春なんだ。」の台詞が特に好きだとコメント!

    • 住所:  〒852-8008長崎県長崎市曙町40番23号
    • 電話番号:  095-861-4151
  • 稲佐山観光ホテルで宿泊、ホテルから車で10分
    Spot 17
    【2日目】7:00

    世界新三大夜景に認定された長崎の夜景を望む絶景スポット

    長崎市のランドマーク的存在で、夜景鑑賞に大変人気のスポットです。 ロケ地めぐりの際は、実際撮影が行われた朝がおススメ!稲佐山観光ホテルから、 タクシーORレンタカーで向かいましょう。 稲佐山展望台で真夜中の2時から、朝焼けのシーンを撮るために準備を進めたスタッフさんたち。 通常は閉鎖している展望台を、地元の方々のご協力で早めに開けてもらいました。また、撮影時期は5月でしたが、春といえども、山頂は6度という寒さ。寒さに耐えながら、キャスト・スタッフ一丸となりロケにのぞみました。ここでは、クライマックスの、とても胸がキュンとするシーンが撮影されました。ふたりの顔が光に照らされ、朝陽が昇り始めるところは感動的でした。

    • 住所:  長崎県長崎市稲佐町
    • 電話番号:  095-822-8888
    • 営業時間:  展望塔:8:00~22:00
      ※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放) 
      稲佐山展望駐車場 24時間営業
      長崎ロープウェイ 営業時間:9:00~22:00
  • 車で30分
    Spot 18
    【2日目】9:00
    茂木

    洸の幼いころのシーンを撮影。

    ちょっと足をのばして、茂木町へ。 「悪人」や「ペコロスの母に会いに行く」のロケ地にもなった、 茂木港でちょっとひとやすみ。

    • 住所:  〒851-0241長崎県長崎市茂木町
  • Spot 19

    長崎特産のびわを使ってつくられたびわゼリーは、現在では長崎を代表する銘菓となりました。

    江戸時代の末期頃、中国人が長崎にもたらした「びわの種子」を長崎の茂木の地に蒔いたのが「茂木びわ」の始まりとされています。
    そのまろやかな風味と芳醇な香りは、長崎名物として全国的に有名です。

    「びわゼリー」は、採れたての新鮮なびわを爽やかなゼリーの中に閉じ込めた涼やかな逸品です。
    製造業者により、パッケージや使用しているびわの量など差がありますが、共通している点は、どれもびわの風味を生かすため甘さを抑えてあり、ゼリーも比較的柔らかく口に含むと溶けてしまうような舌ざわりです。
    冷やして食べると一層美味しくいただけます。

    • 住所:  長崎県長崎市 
    • 電話番号:  095-895-2621
  • 車で1時間
    Spot 20
    【2日目】10:30

    黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落

    明治30年(1897)にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、同32年(1899)から建設計画が進行、大正9年(1920)に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。 黒崎教会は、長崎ロケがスタートした日に撮影した場所です。ここでは、洸と双葉が教会に来て、洸が過去と向き合う重要なシーンなどが撮影されました。この日は本田翼さんがスタッフさんたちに差し入れをして下さり、あっという間になくなりました。 聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部はリブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。教会内は一般公開されていますが、見学には十分配慮をお願いいたします。

    • 住所:  〒851-2324長崎県長崎市上黒崎町26
    • 電話番号:  0959-37-6011
    • 休日:  特になし
  • 車で約1時間
    Spot 21

    ロケ地めぐり、お疲れ様でした!また、長崎へお越しください♪

    長崎県長崎市尾上町にある、九州旅客鉄道の駅。 長崎県の県庁所在地、長崎市の中心駅であり、長崎本線の終着駅でもある。 みどりの窓口(乗車券・指定券・割引きっぷ・定期券など) 営業時間 5:40~22:00 年中無休 JR九州旅行 長崎支店 (国内旅行・海外旅行・航空券など) 営業時間 平日10:30~19:00 土日祝10:30~18:00 年中無休※年末年始営業なし インターネット予約取扱い 5:40~23:20 きっぷの受取り可能 電話番号 095-822-0063

    • 住所:  〒850-0058長崎県長崎市尾上町1
    • 電話番号:  095-822-0063
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています