世界遺産をめぐる 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

南蛮貿易とともにやってきた宣教師たちによって華やかなキリスト教文化が花開いた長崎。その後禁教となり、信仰が発覚した者に対しては激しい拷問を加え、棄教を強制し、禁制が徹底されていた中でもなお密かに信仰は受け継がれていきました。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、禁教の中で、長崎と天草地方において日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながら信仰を続けた潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる伝統のあかしとなる遺産群です。2018年に世界文化遺産に登録されました。
詳しくは、特集「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」へ。

12件ありました

並び順
表示切替
We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.