このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME > 長崎しま旅行こう!WEBムービー公開中!

2017 秋の長崎しま旅行こう!対馬・壱岐・五島列島2017 秋の長崎しま旅行こう!対馬・壱岐・五島列島

長崎県は、しまの数が日本一!
なかでも、対馬・壱岐・五島列島には、
そのしまでしか味わえない魅力がいっぱいです。
このサイトでは、
「勝手に長崎しま旅応援大使」として活躍中の
ANZEN漫才が、それぞれのしまの魅力をご紹介!
さぁ、今年の秋は、あなたも
みやぞん」「あらぽんのコメントを参考に、
「長崎しま旅」で素敵な思い出をつくってみませんか。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

それでは、「ANZEN漫才」のお二人!よろしくお願いします!それでは、「ANZEN漫才」のお二人!よろしくお願いします!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

「ANZEN漫才」もおすすめ!?「ANZEN漫才」もおすすめ!?

身近にある!気軽に行ける!秋の「しま」を大満喫!身近にある!気軽に行ける!秋の「しま」を大満喫!

  • 福岡から最短35分 対馬福岡から最短35分 対馬
  • 長崎から最短30分 壱岐長崎から最短30分 壱岐
  • 福岡から最短35分 五島列島 上五島・下五島・宇久・小値賀福岡から最短35分 五島列島 上五島・下五島・宇久・小値賀
MAP MAP MAP MAP
MAP MAP MAP MAP

秋の「長崎しま旅」に行こう!秋の「長崎しま旅」に行こう!

旅行会社で予約する旅行会社で予約する WEBで宿を予約するWEBで宿を予約する

このサイトを知ったきっかけを教えてください!このサイトを知ったきっかけを教えてください!

アンケートに答えるアンケートに答える

対馬対馬

島全体がアウトドアフィールド!九州最北端の島。島全体がアウトドアフィールド!九州最北端の島。

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ「対馬」は、
島の約9割を山林が占める国境の島です。
島全体に手つかずの自然がたくさん残っており、
天然記念物のツシマヤマネコや希少生物も生息しています。
最近では、対馬の豊かな自然を全身で満喫できる
シーカヤックやトレッキングなどが特に人気を集めています。

癒しのスポット!癒しのスポット!

  • 原始林トレッキング

    原始林トレッキング原始林トレッキング

    標高519メートルの白嶽(しらたけ)は、
    古来より霊山として崇められる対馬のシンボル的存在。
    大陸系植物と日本系植物が混生する原生林として
    国の天然記念物に指定され、トレッキングのスポットとなっています。

  • 和多都美神社

    和多都美神社和多都美神社

    彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と
    豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮。
    本殿正面の5つの鳥居のうち2つが海中にそびえており、
    潮の干満によってその様相を変えます。

  • 万関展望台

    万関展望台万関展望台

    明治34年に旧日本海軍が掘った人工の瀬戸「万関」を展望できます。
    展望台からは、無数の島々と複雑な海岸線が織り成す
    浅芽湾(あそうわん)のリアス式海岸を一望できます。

食べたい!しまグルメ!食べたい!しまグルメ!

  • 石焼き

    石焼き石焼き

    石英斑岩(せきえいはんがん)という特殊な岩を熱し、
    その上で新鮮な魚介類を焼いて食べる郷土料理。
    熱された石が発する遠赤外線が食材を内部から焼き上げることで、
    素材の味をより美味しく楽しめます。

  • かすまき

    かすまきかすまき

    こし餡をカステラ風の厚い皮で巻いた、対馬を代表する和菓子。
    江戸時代、参勤交代から帰国した藩主を迎える際に、
    家中一同で喜びを分かち合うために考案されたと伝えられています。

  • 対馬しいたけ

    対馬しいたけ対馬しいたけ

    島の89%を森に覆われた対馬では、
    コナラやアベマキなどの原木を使った椎茸栽培がさかんに行われています。
    肉厚で歯ごたえのあるその食感と深い味わいから「山のアワビ」と称されます。

「対馬」をもっと楽しむ!

「対馬」をもっと楽しむ!

  • 観光スポット観光スポット
  • モデルコースモデルコース
  • 現地ツアー現地ツアー
福岡空港から最短約30分!(飛行機利用)長崎空港から最短約35分!(飛行機利用)

対馬へのアクセス

飛行機
長崎空港から飛行機(ORC)で約35分
飛行機
福岡空港から飛行機(ANA)で約30分
高速船
博多港から高速船で2時間15分
フェリー
博多港からフェリーで4時間30分(壱岐経由)
対馬へのアクセス詳細はこちら

壱岐壱岐

自然も、食も、盛りだくさん!玄界灘の宝石箱。自然も、食も、盛りだくさん!玄界灘の宝石箱。

豊かな自然が広がる「壱岐」は、
日本の快水浴場百選に選ばれる海水浴場をはじめ、
美味しいグルメも充実した「玄界灘の宝石箱」です。
中国の歴史書・魏志倭人伝には「一支国」として登場し、
島内に神社が多いことから、神々が宿る神秘の島としても有名。
福岡から高速船で約1時間で到着できる
交通アクセスも大きな魅力です。

癒しのスポット!癒しのスポット!

  • 猿岩

    猿岩猿岩

    黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。
    シルエットがそっぽを向いた猿に
    よく似ていることから名付けられています。
    壱岐随一の観光名所で、夕日がきれいなことでも有名。

  • 原の辻遺跡

    原の辻遺跡原の辻遺跡

    紀元前3~2世紀から紀元3~4世紀にかけて形成された
    大規模な多重環濠集落で、『魏志倭人伝』の中では
    「一支国」の王都と特定された場所です。
    平成12年、国特別史跡の指定を受けています。

  • 小島神社

    小島神社小島神社

    日本遺産の構成文化財である「内海湾(うちめわん)」内にあり、
    神々が宿る島として崇められた小島。
    干潮の時だけ神社への参道が現れることから、
    “日本のモンサンミッシェル”と呼ばれるパワースポットです。

食べたい!しまグルメ!食べたい!しまグルメ!

  • 壱岐焼酎

    壱岐焼酎壱岐焼酎

    壱岐焼酎は麦焼酎発祥の地と言われており、
    平成7年7月にはWTO(世界貿易機関)から
    地理的表示の産地指定が認められました。
    現在、島内の7つの蔵元で伝統の製法が守られています。

  • ひきとおし

    ひきとおしひきとおし

    地鶏、素麺、ゴボウをメインに、白菜、椎茸などの野菜を入れて、
    醤油や砂糖で味付けした壱岐のおもてなし料理。
    お客様を座敷に引き通す(招き上げる)という意味から
    名付けられたと言われています。

  • ケンサキイカ

    ケンサキイカケンサキイカ

    一本釣り漁法で水揚げされる極上のケンサキイカは、
    身が厚くて柔らかく、甘みが強いのが特徴です。
    刺身にして食べると、特に美味しいと評判です。

「壱岐」をもっと楽しむ!

「壱岐」をもっと楽しむ!

  • 観光スポット観光スポット
  • モデルコースモデルコース
  • 現地ツアー現地ツアー
博多港から約1時間10分!(高速船利用)長崎空港から約30分!(飛行機利用)

壱岐へのアクセス

飛行機
長崎空港から飛行機(ORC・ANA)で約30分
高速船
博多港から高速船で1時間10分
フェリー
博多港からフェリーで2時間20分
壱岐へのアクセス詳細はこちら

五島列島 上五島・下五島・宇久・小値賀五島列島 上五島・下五島・宇久・小値賀!

絶景と教会が点在する、魅力いっぱいのリゾート。絶景と教会が点在する、魅力いっぱいのリゾート。

九州最西端に位置し、大小約140の島々からなる「五島列島」は、
全域が西海国立公園に指定される
自然豊かなアイランドリゾートです。
透明度の高い美しいビーチや
教会が点在していることも大きな特徴。
この他にも、椿油をはじめ、かんころ餅、
五島うどんなどの特産品も五島ならではの魅力です。

癒しのスポット!癒しのスポット!

  • 旧野首教会(小値賀)

    旧野首教会(小値賀)旧野首教会(小値賀)

    現在はほぼ無人島である野崎島の
    ちょうど中心部の小高い丘の上に建つ教会。
    潜伏キリシタンであった住民たちが建てた祈りの場で、
    世界遺産候補の集落にある。

  • 頭ヶ島教会(上五島)

    頭ヶ島教会(上五島)頭ヶ島教会(上五島)

    鉄川与助の設計施工によって建設され、
    近くの石を切り出して大正8年に完成した石造りの天主堂。
    平成13年に国の重要文化財に指定されており、
    世界遺産候補の集落にある。

  • 旧五輪教会堂(下五島)

    旧五輪教会堂(下五島)対馬瀬灯台(宇久)

    久賀島にある教会堂で、明治14年に建てられた
    カトリック浜脇教会の旧教会堂をそのまま移築したものです。
    国の重要文化財に指定され、創建当時の姿を残している。
    世界遺産候補の集落にある。

  • 対馬瀬灯台(宇久)

    対馬瀬灯台(宇久)対馬瀬灯台(宇久)

    宇久島最北端の岬に建つ白亜の灯台。
    緑の芝生と白い灯台、そして背後に広がる青い海のコントラストが
    絵画のように美しい観光名所で、
    すぐそばの岩場は磯釣りのメッカとして知られています。

  • 大瀬崎灯台(下五島)

    大瀬崎灯台(下五島)大瀬崎灯台(下五島)

    東シナ海に突出した断崖で、突端にある白亜の灯台は、
    日本の西の航海安全を守っています。
    ここから眺める夕日はまさに絶景。
    映画『悪人』のロケが行われたことでも有名なスポット。

  • 矢堅目(上五島)

    矢堅目(上五島)矢堅目(上五島)

    五島列島の北部、奈摩湾入口にあり、
    円錐形の奇岩と複雑な海岸線が美しい名所。
    名前は、かつて上五島の要所として
    外敵の侵入を見張るために「矢」を持った兵で「堅めた」ことに由来します。

食べたい!しまグルメ!食べたい!しまグルメ!

  • 長崎かんころ餅

    長崎かんころ餅長崎かんころ餅

    茹でて干したサツマイモともち米で作られたもので、
    五島を代表するお土産品の一つ。
    地元では昔から保存食やおやつとして重宝され、
    スライスして軽く焼いて食べるのが最も一般的な食べ方です。

  • かっとっぽ

    かっとっぽかっとっぽ

    ハコフグの味噌焼きのこと。ハコフグの身だけを残し、
    味噌やネギ、しょうがを入れて焼き上げた風味豊かな味わいで、
    臭みもないので、誰でも美味しく食べられます。お酒の肴としてもおすすめ。

  • きびなご

    きびなごきびなご

    鮮度が落ちやすいきびなごは、獲れたての新鮮なうちに
    お刺身でいただくのが贅沢な食べ方。
    ほんのりと脂身がのった身はあっさりした味わいで、
    特に冬場に獲れる大ぶりのきびなごは絶品です。

  • 五島手延うどん

    五島手延うどん五島手延うどん

    稲庭、讃岐と並び、「日本三大うどん」と称される五島うどん。
    ツルツルっとした口当たりとのど越しの良さは、
    手延べの技と椿油にヒミツがあります。
    一度食べるとやみつきになる美味しさです。

  • 鯨カツカレー(宇久)

    鯨カツカレー(宇久)鯨カツカレー(宇久)

    宇久名産の鯨をふんだんに使ったボリューム感のあるカレー。
    ルーに鯨の皮などがしっかり溶け込んでおり、サクサクのカツとの相性も抜群。
    野菜が溶け込んだまろやかな味わいが、
    鯨の風味をよりいっそう引き立ており、島の新しいグルメとして人気。

「五島列島」をもっと楽しむ!

「五島列島」をもっと楽しむ!

  • 観光スポット観光スポット
  • モデルコースモデルコース
  • 現地ツアー現地ツアー
宇久、小値賀まで最短約1時間30分!(高速船利用)下五島まで最短約30分!(飛行機利用)上五島まで最短約1時間30分!(ジェットフォイル利用)

五島列島へのアクセス

上五島
ジェットフォイル
長崎港から奈良尾港までジェットフォイルで1時間15分
高速船
佐世保港から有川港まで高速船で1時間20分
フェリー
博多港から青方港までフェリーで5時間55分
下五島
飛行機
長崎空港から福江空港まで飛行機(ORC)で30分
飛行機
福岡空港から福江空港まで飛行機(ORC・ANA)で35分
ジェットフォイル
長崎港から福江港までジェットフォイルで1時間25分
高速船
佐世保港から福江港まで高速船で1時間55分
フェリー
博多港から福江港までフェリーで8時間30分
宇久
高速船
佐世保港から高速船で1時間30分
フェリー
博多港からフェリーで4時間10分
小値賀
高速船
佐世保港から高速船で1時間25分
フェリー
博多港からフェリーで4時間55分
五島列島へのアクセス詳細はこちら
閉じる 閉じる