このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEながさきの島々壱岐 > 月讀神社

観光スポット

月讀神社

日本神道発祥の地

月讀神社

伝統と格式を誇る式内社の1つです。
古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大御神の次に産んだのが月読命(つくよみのみこと)とされています。
 
京都の月読神社は、487年壱岐の県主(あがたぬし)の先祖忍見宿祢(おしみのすくね)が壱岐から分霊したものです。
 
県道に面した鳥居から桧林の中を急な石段の参道がつづき、鬱蒼として神秘的なたたずまいを見せています。

所在地
811-5732 長崎県壱岐市芦辺町国分東触464番地
問い合わせ番号
0920-47-3700 壱岐市観光連盟
ホームページ
『月讀神社』についてのホームページはこちら

交通アクセス

芦辺港から車で10分

月讀神社

月讀神社

目的

神社・仏閣をめぐる

 

ページトップへ