鐙瀬熔岩海岸

(アブンゼヨウガンカイガン)

鬼岳火山から流出した溶岩が変化に富んだ海岸線を形作っている。

エリア
下五島
テーマ
自然・景観
アクセス数415Views

鬼岳火山から流出した溶岩に、海が覆って出来た海岸で、約7kmにわたって広がっています。
ここは年中温暖で、亜熱帯植物が繁殖し、情熱的な花木が咲き乱れ美しい景観を呈しています。

永正四年(1507年)16代領主囲公が妹婿玉浦納の反逆にあい、馬で逃れたがこの地で鐙が切れ、漁船で黒島に落ち延びたが、反逆党が追ってきたため自刃されました。
以来この地を鐙瀬と呼ぶようになったと伝えられています。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 長崎県五島市野々切町
電話番号 0959-72-6111(五島市役所)
駐車場 有/無料/大型バス5台以上乗用車20台
アクセス 福江港より車で15分。バスで30分。鐙瀬ビジターセンターから徒歩1分。

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット