鐙瀬熔岩海岸

(あぶんぜようがんかいがん)

鬼岳火山から流出した溶岩でできた雄雄しい海岸線

エリア
下五島
テーマ
自然・景観
アクセス数2,304Views

黒くゴツゴツし複雑に入り組んだ鐙瀬溶岩海岸は、かつて鬼岳火山火ノ岳火山から流れ出た溶岩が海で冷やされ形成されたもの。海岸線は約7kmに渡り続き、遊歩道を散策したり、展望台から辺りを一望できます。

周辺は対馬暖流の影響で温暖な気候に恵まれ、亜熱帯植物が繁茂し、情熱的な花木が咲き乱れています。火山の噴火により島ができたと実感できる場所であり、まるで南国の島にいるような気分を味わえます。

また、冬のよく冷え込んで晴れた日には、遠くの島が浮いて見える「浮島」とよばれる現象を見ることができるかもしません。

真っ青な海と真っ白な砂、そんな五島のイメージを覆す福江島の自然を感じることができる場所です。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒853-0024 長崎県五島市野々切町
電話番号 0959-72-6111(五島市役所)
駐車場 あり(無料・普通車20台・大型バス5台以上)
アクセス 福江港から車で約15分 または バスで約30分
鐙瀬ビジターセンターから徒歩約1分。

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット