旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
国境を越え、官民の枠を越えた総合的善意で平成3年3月20日に完成した。

朝鮮国訳官使殉難之碑

エリア
対馬 
テーマ
史跡・文化財  
  • 国境を越え、官民の枠を越えた総合的善意で平成3年3月20日に完成した。
  • 国境を越え、官民の枠を越えた総合的善意で平成3年3月20日に完成した。
  • 国境を越え、官民の枠を越えた総合的善意で平成3年3月20日に完成した。
元禄16年(1703)旧暦2月5日朝、108名乗りの訳官使船は、釜山を対馬に向け出発しましたが、急変した天候のため、鰐浦を目前に遭難、全員が死亡するという悲惨な海難事故に見舞われました。
事故の史的背景が善隣友好を基底とした国際交流であったことを反映して碑は国境を越え、官民の粋を越えた総合的善意で平成3年3月20日に完成しました。台座は112個の霊石を以て構築しています。

住 所 〒817-1723 長崎県対馬市対馬市上対馬町鰐浦
電話番号 0920-86-4839 ((対馬市上対馬観光物産事務所))
ホームページ 『朝鮮国訳官使殉難之碑』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 対馬空港から車で約2時間15分