旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
旧海軍時代から続く造船工場

SSK(造船所・クレーン)

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
まちなみ  
  • 旧海軍時代から続く造船工場
  • 旧海軍時代から続く造船工場
  • 旧海軍時代から続く造船工場
  • 旧海軍時代から続く造船工場
旧海軍工廠を引き継ぐ歴史ある造船所であり、地元での通称はSSK、正式名称は「佐世保重工業株式会社佐世保造船所」です。昭和37年10月、当時世界最大のタンカー「日章丸」もここで誕生しました。
主な業種は船舶、艦艇の建造および改造修理で、佐世保市に基地を持つ海上自衛隊やアメリカ海軍の艦隊の保守、修理なども手掛けています。
また、佐世保の各所から見える大きなハンマーヘッド型クレーン(ジャイアント・カンチレバー・クレーン)は、大正2年(1913年)に竣工されたもので、現在も現役で稼働しており、「佐世保重工業250トン起重機」として国登録有形文化財に指定されています。

住 所 〒857-8501 長崎県佐世保市立神町1
電話番号 0956-25-9111 (問い合わせは0956-22-6630(佐世保観光情報センター JR佐世保駅構内)まで)
ホームページ 『SSK(造船所・クレーン)』についてのホームページはこちらへ

このスポットから近くの観光情報
このスポットを訪れた人はこのあたりにも行ってます
このページを見た人はこんなページも見ています