旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
往時を偲ぶ 島原武家屋敷

武家屋敷

エリア
島原・雲仙・小浜 
テーマ
史跡・文化財  
  • 往時を偲ぶ 島原武家屋敷
  • 往時を偲ぶ 島原武家屋敷
  • 往時を偲ぶ 島原武家屋敷
島原城の西に接した上新丁、下新丁、古丁、中ノ丁、下ノ丁、江戸丁、新建に扶持取り70石以下の徒士屋敷約700戸が軒を連ねていました。

鉄砲隊の居住地であったことから、一帯は鉄砲町とも呼ばれていました。

各丁の道路の中央には水路を設け、清水を流して生活用水としていましたが、防災・防火の見地から片側に移設。

けれど下の丁の町並みだけは、住民のご協力を得て「武家屋敷町並み保存地区」として定め、昔どおりに保存されています。

現在、保存されている下の丁の武家屋敷は、延長406.8メートル、幅長5.6メートルの町並みで山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒が一般に無料開放され、当時の武家生活の様子が偲ばれます。
 
また武家屋敷休憩所では白玉に独特の蜜をかけた郷土の味「寒ざらし」を味わうことができます。

住 所 〒855-0052 長崎県島原市下の丁
電話番号 0957-63-1087 ((武家屋敷 売店))
料 金 無料
営業時間 武家屋敷 9:00~17:00
武家屋敷売店 9:00~17:30
定休日 12月29日~30日
ホームページ 『武家屋敷』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 島原駅から徒歩約15分