「長崎県ツーリズム・アワード 2020」受賞者決定!

ツーリズムアワード


長崎県の観光振興に貢献している企業・団体・個人の優れた取組を表彰する「長崎県ツーリズム・アワード2020」。
2回目となる今年度は、県内の企業・団体から25件の応募をいただき、選考会議での厳正なる審査の上、4団体の受賞が決定しました。



new  表彰式が開催されました!
 

令和3年2月10日(水)に、表彰式が執り行われ、
受賞4団体への記念品贈呈や各取組の報告、県知事との懇談、記念撮影が行われました。


ツーリズムアワード  グランプリ(県知事賞)


「アジフライの聖地 松浦」プロジェクト(松浦市)

ツーリズムアワード

 


日本有数の水揚げ量を誇るアジに着目し、平成30年2月から「アジフライの聖地 松浦」プロジェクトとして、アジフライを提供する店の開拓やマップ製作、アジフライデーの命名、各種イベント等での積極的な情報発信を通じて、松浦市の認知度向上、誘客拡大、提供店舗の売上増加に加え、観光消費の増加に寄与しています。


 
ツーリズムアワード  準グランプリ(県知事賞)


産官学連携による宿泊施設の安心・安全認証制度
「team NAGASAKI SAFETY」の構築及び運営

(新型コロナウイルス予防対策認定実行委員会)
 

ツーリズムアワード


 

宿泊施設における新型コロナウイルス対策として、長崎市、佐世保市、雲仙市の旅館ホテル組合、観光協会、行政が連携し、昨年6月に実行委員会を立ち上げ、長崎大学の協力を得て、認証制度「team NAGASAKI SAFETY」を構築し実施しています。これまでに163施設を認証し、宿泊施設における感染防止や安全・安心の可視化に貢献しています。


 

ツーリズムアワード  準グランプリ(県知事賞)
 
観光列車「しまてつカフェトレイン」の運行(島原鉄道株式会社)
 
ツーリズムアワード


 

観光客誘致や地域の活性化を目指して、地元の食材を使ったグルメやスイーツを提供する観光列車「しまてつカフェトレイン」を運行しています。当初は不定期運行でしたが、平成31年4月からは土日祝の定期運行となり、年間1000人を超える利用があるなど島原半島の新たな観光コンテンツとして成長しています。


 


ツーリズムアワード  特別賞(長崎県観光連盟会長賞)
 

宿泊サービスの品質向上に向けた「おもてなし活動」
(ホテルニュー長崎)

 

ツーリズムアワード



さまざまな面で「おもてなし」の充実を図り、お客様に快適な滞在と満足いただけるサービスを提供しています。スタッフ全員で 「長崎県総おもてなし運動」 により推進している「おもてなしワッペン」の着用のほか、「長崎コンシェルジュ」の認定取得者の育成、地元食材をふんだんに使用した食の提供、新型コロナウイルス感染対策の徹底した対応。また、多言語スタッフの配置やハラル対応などによる外国人観光客の受入態勢強化にも積極的に取り組んでいます。

 

  ※長崎県総おもてなし運動  

「おもてなし日本一」の長崎県を実現するため、官民が連携して平成21年から開始。観光関連事業者のおもてなしの意識醸成のためのワッペン着用、地元食材を使った料理の提供、接遇の向上等を推進。詳しくはこちらから

ツーリズムアワード





 ※長崎コンシェルジュ 
県内の宿泊施設において、お客様が快適な滞在時間を過ごし満足いただけるサービスを提供するとともに長崎県ならではの価値や魅力を伝えることができる、県が認定したプロフェッショナル人材。


 
(昨年度の受賞者)

ツーリズムアワード
 

◎グランプリ(県知事賞)
特定非営利活動法人 長崎巡礼センター 事務局長 入口 仁志

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を訪れる観光客に対し、ガイドとして真の価値を発信。

◎準グランプリ(県知事賞)
一般社団法人雲仙温泉観光協会

雲仙温泉の新たな夜のコンテンツである「雲仙プレミアムナイト」の地元関係者による開発及び継続的な催行。

◎特別賞(観光連盟会長賞)
長崎空港ビルディング株式会社

空港内の官公庁や航空会社も含む空港全体での「長崎県総おもてなし運動」(全職員のバッチ着用等)への参画や「CS(顧客満足度)キャンペーン」の実施。

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.