水掛け地蔵まつり (ミズカケジゾウマツリ)

江迎の夏の風物詩

  • 0views

毎年、8月23日、24日の2日間、賑やかに開催される「江迎千灯籠まつり」。このまつりの見どころのひとつに「水かけ地蔵まつり」があります。「わっしょい、わっしょい」の掛け声も賑やかに、子どもたちが神輿にのせた木彫りのお地蔵様をかついで寿福寺の山門から嘉例川へ。川へ着くと子どもたちは神輿をおろし、その回りを取り囲み、お地蔵様へ元気よく水をかけます。そのあと、子どもたちはお地蔵様をかついで街を練り歩き、各々家ではタライやひしゃくを持ち出して子どもたちに水をかけ、無病息災を祈願します。この「水かけ地蔵まつり」には、灯籠を各家庭の軒先に飾ったり、お寺の参道に奉納するという風習があり、その数が次第に増え、いつしか「千灯籠」と呼ばれるようになったと言われています。
まつりのシンボルとなっている、約3300個の灯籠で飾られた高さ約25mのタワーは今や日本一の高い灯籠タワーとしても有名です。
夜になると、街中の1万個近い灯籠に明かりが灯り、幻想的な世界へ私たちを誘います。

プログラムは関連資料よりダウンロードしてください。

基本情報

住所 〒859-6101 長崎県佐世保市江迎町長坂免 嘉例川
電話番号 0956-65-2500(千灯籠まつり実行委員会(8/15日より繋がります))
開催期間 毎年8月23日・24日
ウェブサイト 関連サイトはこちら
関連資料 資料をダウンロード

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.