映画「進撃の巨人 Attack On Titan」(前編・後編)ロケ地巡りモデルコース

映画「進撃の巨人 Attack On Titan」(前編・後編)ロケ地巡りモデルコース-1

話題作映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」。
迫力あるロケ地であり、また世界文化遺産である軍艦島やキャスト・スタッフも滞在した伊王島の魅力を体感しませんか?

  • 所要時間:1泊2日
  • 交通手段:車・徒歩
  • 印刷する

掲載のスポットはこちら

START

JR長崎駅から徒歩15分(車だと約5分)で長崎港に到着

軍艦島上陸クルーズ

世界文化遺産「軍艦島」を訪ねよう
軍艦島上陸クルーズ-1

平成27年7月5日に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産~製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の「軍艦島」。閉山以来37年目の平成21年から上陸がはじまり見学が可能になりました。かつて石炭採掘で栄え、今は廃墟と化した軍艦島の歴史を、ガイドが解説。繁栄の痕跡を自分の足で踏みしめてみよう。

【ロケエピソード】
立ち入り禁止区域に、特別に許可をもらい、史上最多となる撮影隊110名が軍艦島に上陸!
撮影が始まる2日前から、船を10往復ほどさせて機材搬入。 機材搬入が落ち着いた後は監督らと主要キャストがリハーサル開始。
三浦春馬さんは上陸した途端「うぉー!スゲー!」と軍艦島のロケーションに感動されているようでした。   豪華キャストが上陸してクランクイン!
立体機動装置をつけたキャストたちはまさに漫画からそのまま出てきたように様になっていました。
小道具さんたちの技術力に圧倒されました。
撮影が進む中、強風が吹き、テント型トイレが吹き飛ばされそうになる状況に。帰りの船もかなり揺れて搬出が大変な状況もあった中、予定されていたスケジュール通りに端島での撮影は終了しました。
そして撮影から約1年後、世界文化遺産に登録する直前の7月2日に、ロケ地である軍艦島で三浦春馬さん、水原希子さん、本郷奏多さん、石原さとみさん、そしてメガホンをとった樋口真嗣監督による完成報告記者会見も行われました。会見では、キャストと監督は「軍艦島」が世界文化遺産への登録が間もなくと言われていることもあり、撮影を懐かしみつつ、興奮に満ちた様子で会見に臨まれていました。
 

長崎港から伊王島まで車で車で約40分

i+Land nagasaki

巡る、楽しさ。感動体験。島まるごと、遊びのフィールド。
i+Land nagasaki-1

自転車で気ままに、カフェや温泉を巡ったり、アクティビティを楽しんだり・・・。一日では遊びつくせないエンターテインメントリゾート。ペット同伴など、旅のスタイルに合わせて選べる多彩な客室も人気です。

【ロケエピソード】
伊王島でのロケはありませんでしたが、樋口監督による制作記者会見が行われ、地元メディアの皆様にご取材いただきました!
軍艦島ロケを終えたロケ隊はこちらで撮影の疲れを癒しました。キャストさんたちは、お風呂やアクティビティを楽しんでいたとか。

住所 長崎県長崎市伊王島町1丁目3277-7
電話番号 095-898-2202

FINISH

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

その他のモデルコース

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.