このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEながさきの島々 > 壱岐

早わかり壱岐

魏志倭人伝・古事記にも登場する島

  • 壱岐のへそに鎮座する「國片主神社」

  • 大陸と日本とのかけ橋となった洋上の島・壱岐

  • 日本の国土の中で5番目に生まれたとされる美しい壱岐の島

  • 700年の歴史を誇る神聖な神事芸能「壱岐神楽」

  • 付近には20余りもの古墳群がある「風土記の丘」

壱岐のへそに鎮座する「國片主神社」

壱岐のへそに鎮座する「國片主神社」

大陸と日本とのかけ橋となった洋上の島・壱岐

大陸と日本とのかけ橋となった洋上の島・壱岐

日本の国土の中で5番目に生まれたとされる美しい壱岐の島

日本の国土の中で5番目に生まれたとされる美しい壱岐の島

700年の歴史を誇る神聖な神事芸能「壱岐神楽」

700年の歴史を誇る神聖な神事芸能「壱岐神楽」

付近には20余りもの古墳群がある「風土記の丘」

付近には20余りもの古墳群がある「風土記の丘」

最古の歴史文献に登場 イザナギ・イザナミの作った第5番目の島

朝鮮半島から邪馬台国へと続く「海の道」は、洋上の島・壱岐を通りました。日本のことを記述した最古の文献である中国の歴史書『魏志倭人伝』に壱岐は「一支国」として登場します。大陸と日本とのかけ橋となった「一支国」は交流・交易の拠点として大きな役割を果たしました。また、最古の歴史書『古事記』における伊邪那岐命(イザナギノミコト)・伊邪那美命(イザナミノミコト)の国生み神話において、大八島と言われる日本の国土の中で5番目に生まれたのが伊伎島(いきのしま)[壱岐]とされています。壱岐は神々の島と呼ばれ、島内には由緒ある神社が数多く存在します。

詳しい情報はこちら

國片主神社

壱岐のへそに鎮座する、伝統と格式を誇る式内社のひとつ。

住吉神社

日本四大住吉の一つと数えられ、国の無形文化財の壱岐大々神楽が奉納される。

月読神社

日本神道発祥の地。周辺には神秘的な雰囲気が広がっている。

男嶽神社(石猿群)

壱岐島で2番目に高い男岳山の山頂の神社に、多数の石猿が奉納されている。

女嶽神社

パワースポットとして注目!コンパスの針が正常に働かない磁体を持つ、御神体の巣食石。

麦焼酎発祥の地

  • 400年の歴史を誇る壱岐の麦焼酎

  • 長崎県で2番目に広い穀倉地帯を持つ

  • 江戸時代に確立された伝統製法を今も厳格に守って醸造

400年の歴史を誇る壱岐の麦焼酎

400年の歴史を誇る壱岐の麦焼酎

長崎県で2番目に広い穀倉地帯を持つ

長崎県で2番目に広い穀倉地帯を持つ

江戸時代に確立された伝統製法を今も厳格に守って醸造

江戸時代に確立された伝統製法を今も厳格に守って醸造

世界も認めたブランド 壱岐焼酎

長崎で2番目に広い穀倉地帯が広がる壱岐。島の人たちは16世紀頃から麦を原料とし、中国から伝わった製法を取り入れて壱岐独特の焼酎を生み出したと考えられているため、壱岐は「麦焼酎発祥の地」と言われています。壱岐の焼酎はWTO(世界貿易機関)より地理的表示の産地指定を受け世界的なブランドの仲間入りをしました。壱岐という島で、大麦と米麹を原料に島の水で仕込み、蒸留から瓶詰までを島内で一貫して生産されたものに限って、「壱岐焼酎」と名乗ることができるのです。世界ではウィスキーのスコッチとバーボン、ブランデーのコニャックとアルマニャック、ワインではボルドー、シャブリ、シャンパーニュなどがこの地理的表示の産地指定を受けています。

サンゴ礁北限域

  • 日本の快水浴場百選に選ばれた壱岐の代表的なビーチ「筒城浜海水浴場」

  • マリンスポーツが盛んな「錦浜海水浴場」

  • 遠浅で透明度抜群の「辰ノ島海水浴場」

  • 無人島である辰ノ島には多くの海水浴客が訪れる

日本の快水浴場百選に選ばれた壱岐の代表的なビーチ「筒城浜海水浴場」

日本の快水浴場百選に選ばれた壱岐の代表的なビーチ「筒城浜海水浴場」

マリンスポーツが盛んな「錦浜海水浴場」

マリンスポーツが盛んな「錦浜海水浴場」

遠浅で透明度抜群の「辰ノ島海水浴場」

遠浅で透明度抜群の「辰ノ島海水浴場」

無人島である辰ノ島には多くの海水浴客が訪れる

無人島である辰ノ島には多くの海水浴客が訪れる

透き通る美しい海 壱岐は「玄界灘の宝石箱」

数多くの美しいビーチが点在し、夏は多くの海水浴客で賑わう壱岐。広々としたビーチに透明な海が広がり、訪れる人を魅了しています。色美しい海でスキューバーダイビング・ジェットスキー・シーカヤック・ウィンドサーフィン等マリンスポーツをリーズナブルな料金で楽しむことができます。また、サンゴ礁の北限域生息地として、「玄界灘の宝石箱」と称されています。

詳しい情報はこちら

筒城浜海水浴場

日本の快水浴場百選に選ばれた壱岐の代表的なビーチリゾート

錦浜海水浴場

壱岐ならではの美しい砂浜と透明で青い海。

大浜海水浴場

サーファーにも人気の高く、壱岐のマリンスポーツのメッカ。

辰ノ島海水浴場

夏限定で渡れる無人島で海あそびを楽しもう!

大島海水浴場

プライベートビーチの雰囲気があり、美しい自然も楽しめます。

串山海水浴場

ブライベート気分を満喫。

清石浜海水浴場

芦辺町随一の海水浴場は約500mの白い砂浜で交通の便も最高。

里浜海水浴場

遠浅の美しいビーチでゆったり過ごす

ツインズビーチ

樽と小水浜を合わせた“ツインズビーチ”は、小さな入り江にある美しい砂浜のビーチ。

遺跡・古墳が数多く残る歴史スポット

  • 黄金に輝く馬具など考古学上貴重な資料が出土している「笹塚古墳」

  • 古代史を書き換えるような発見が相次いでいる「原の辻遺跡」

  • 「くり抜き式家形石棺」を持つ古墳として有名な「掛木古墳」

黄金に輝く馬具など考古学上貴重な資料が出土している「笹塚古墳」

黄金に輝く馬具など考古学上貴重な資料が出土している「笹塚古墳」

古代史を書き換えるような発見が相次いでいる「原の辻遺跡」

古代史を書き換えるような発見が相次いでいる「原の辻遺跡」

「くり抜き式家形石棺」を持つ古墳として有名な「掛木古墳」

「くり抜き式家形石棺」を持つ古墳として有名な「掛木古墳」

海の王都「一支国」 古代の記憶を秘めた島 

原の辻遺跡は弥生時代の重要遺跡として静岡の登呂遺跡、佐賀の吉野ヶ里遺跡と並んで国宝級の国特別史跡に指定されています。これまでにも貴重な発見が多くありましたが、これからの発掘調査で歴史的な発見が相次ぐ期待が高まっています。島内に数多く残る古墳も壱岐が古代から栄え、重要視されていたことを物語っています。現在確認されているだけで約270基以上の古墳があり、その数は長崎県内にある古墳の60%を占めます。

詳しい情報はこちら

壱岐市立一支国博物館

時空を翔けるシルクロード・壱岐で魏志倭人伝の世界が甦る。

原の辻遺跡

弥生時代の大規模環濠集落で「一支国」の王都に特定された遺跡。

ページトップへ

閉じる 閉じる