旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎の観光を楽しむにはこちら。[PR]

秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡 (ヒミツキョウカイドウ セイフランシスコ・ザベリオドウアト )

大浦天主堂の巡回教会として4つの秘密教会の1つ

エリア
長崎
テーマ
巡礼関連地
  • 939views

1614年、徳川家康の禁教令発布から250年後の1865年3月17日大浦天主堂における劇的な信徒発見当時も幕府の厳しいキリシタン禁令は続いていました。
浦上のキリシタン達は当時4つの秘密教会を設け、大浦天主堂の巡回教会として密かに神父を迎え、洗礼を受け教理の勉強をしていました。この地がその1つである聖フランシスコ・ザベリオ堂跡です。
1867年7月15日午前1時、幕府の捕方が押し入り、泊っていた守山甚三郎と松田喜助は捕らえられ、各地で捕らえられた68名の信徒と共、桜町の牢に打ち込まれることとなり、これが浦上4番崩れとつながり、1868年6月1日を初めとして中心人物114名が、萩、津和野、福山へ流されました。
250年にも及ぶ禁教と迫害の中で、信仰伝承を成し遂げた彼らの心が末永く人々の心の中に生き続けることを願って、信徒発見125周年の記念に説明板も建てられています。
 

基本情報

住所 〒852-8114 長崎県長崎市橋口町(如己堂と平和公園の中間)
アクセス JR長崎駅前から路面電車(赤迫行)で大橋電停下車、徒歩8分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。