舅賀島千畳敷

(しゅうとがしませんじょうじき)

奈留島を代表する景勝地。小島の緑と千畳敷の大岩が相まって絶景をつくっています

エリア
下五島
テーマ
自然・景観
アクセス数1,294Views

舅ヶ島海水浴場から小島へと連なる広く平坦な岩礁で、畳が千枚は敷けそうなほど広いことから「千畳敷」と名付けられました。小島の山の緑とそこへ続く千畳敷と侵食された奇岩、紺碧の海とのコントラストが、絶景をつくり出しています。

千畳敷を歩いていると、30cmほどのくぼみをいくつかみつけることができます。これは、五島列島ができ始めた頃に棲んでいたサイの足跡だと言われています。他にも淡水に棲む貝類の化石もあり、昔は千畳敷の辺りが海ではなく、湿地帯のような場所であったことを教えてくれます。

千畳敷を含む舅ヶ島・奈木崎海岸地域は、県内14ヶ所の自然環境保全地域のうち、特に学術上重要な地形や自然豊かな植物形態が残る特別地区に指定されています。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒853-2203 長崎県五島市奈留町泊
電話番号 0959-64-3111(五島市役所 奈留支所)
アクセス 奈留港から車で約15分

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット

このスポットに行くモデルコース