安国寺

(あんこくじ)

文化財の宝庫

アクセス数63Views

1338年(暦応元)足利尊氏とその弟の直義は、平和祈願と元寇以来の戦死者の菩提を弔うため、全国六十六ヶ国と二島に安国寺建立を命じました。壱岐では従来あった海印寺を安国寺と名前をかえ、京都南禅寺の禅師無隠元晦が開山した臨済宗のお寺です。「師子窟」の扁額の掛かる仏殿は、二重屋根の重厚な建築物。
室町時代の貴重な文化財を多く所蔵し、なかでも高麗版大般若経は国の重要文化財に指定されてます。また境内では樹齢600年を超える大スギを見ることができます。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒811-5321 長崎県壱岐市芦辺町深江栄触546
駐車場 あり(藤江商店前)
アクセス 芦辺港から車で10分
ウェブサイト Tripadvisor
備考 トイレあり

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット