オーモンデー

(オーモンデー)

起源は遣唐時代末期、中国大陸から伝えられたといわれ、地元青年たちによって踊り伝えられている念仏踊りです。

アクセス数188Views

県指定無形民俗文化財 昭和35年指定 嵯峨島オーモンデー保存会。
鉦(かね)2人2組、踊り手10~12人の構成で、踊りは鉦と唱詩に合わせて輪型になって行います。
8月14日、昼は初盆の各戸を訪問して、先達が仏前でお経を唱えて後に踊り、夕暮れには墓場で演じます。
アルプスの牧童のヨーデルに似た哀調をおびた歌唱と、南方系の扮装、中央アジア風の手振りなど国際的な民踊です。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒853-0611 長崎県五島市三井楽町嵯峨島
電話番号 0959-84-3111(三井楽支所)
開催期間 毎年8月13~15日
アクセス 福江港から貝津港までバス65分(30km)、貝津港から嵯峨島港まで船20分(1日3往復)

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット