唐洲の大ソテツ (カラスノオオソテツ)

西海岸の唐洲にある対馬の珍しい名木で、樹齢800年くらいといわれ県天然記念物に指定されています。

エリア
対馬
テーマ
自然・景勝地
  • 84views

この唐洲の大ソテツは、対馬随一のソテツで「琴の大いちょう」と並んで対馬の名木とされてきました。主幹と思われる幹の高さは約4mほどではありますが、枝張りの面積は、東西・南北とともに約9mほどにもなっており、日本でも珍しい巨樹となっている。雌株であるこの樹の樹齢は不明だが、6・7百年とも言われている。8月頃には淡黄褐色の花をつけ、秋には円形で平たく朱色の皮をした種子をみることができる。古くから対馬にある珍しい樹として、そして現在でもその立派な容姿を持つ「大ソテツ」は、昭和53年に長崎県天然記念物に指定されています。

基本情報

住所 〒817-1245 長崎県対馬市豊玉町唐洲78
電話番号 0920-54-2341(対馬市教育委員会 文化財課)
アクセス 対馬空港から車で約60分
ウェブサイト 公式サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.