旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。

清水山城跡

エリア
対馬 
テーマ
史跡・文化財  
  • 一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。
  • 一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。
  • 一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。
  • 一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。
  • 一の丸とされる頂上付近の郭からは、壱岐までが見渡せます。
厳原八幡宮の背後に控える清水山城跡は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の年である天正19年(1591)に構築したといわれています。
肥前の名護屋、壱岐の勝本、上対馬の撃方山を結ぶ兵站線の駅城で独立状の丘陵清水山は馬背状を呈し、丘陵線上に、本丸、二の丸、三の丸と地形に即して階段状に営んでいます。
規模はさほど大きくありませんが、歴史的には文禄慶長の役の遺跡、構造上からは遣禄頃の城跡、また、三郭には虎口の桝形の遺構が極めてよく残っているなど、国指定記念物でもあり、史跡としての価値が高いです。

住 所 〒817-0022 長崎県対馬市厳原町西里
電話番号 0920-52-1566 ((対馬観光物産協会))
ホームページ 『清水山城跡』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 対馬市役所より徒歩20分