前島のトンボロ (マエジマノトンボロ)

干満によって景観が変化

エリア
下五島
テーマ
自然・景勝地
  • 80views

奈留島の南約2キロにある前島と末津島とを結ぶ帯状の浜。潮の流れで小石が堆積してできた砂洲で、幅約10m、長さ約400mに及びます。普段は海なのに、干潮時になると石州を歩いて渡ることができる現象を「トンボロ現象」ということから、この名で呼ばれています。

青白くのびる前島のトンボロはまさに絶景。また、景観として美しいだけでなく、地形学的にも大変貴重です。ちなみに、日本三景のひとつ天橋立(京都)は、前島のトンボロと同じ成り立ちです。
前島は、ありのままの自然とゆったりとした静けさを楽しめる別天地。面積は小さいけれど、訪れる人を癒してくれるふところの大きい島です。

基本情報

住所 長崎県五島市奈留町泊
電話番号 0959-64-3117(奈留支所)
アクセス 奈留港から船で10分江の浦下船、さらに徒歩15分

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.