マンガ「オリオリスープ」 第45話 「8月中旬 picado」の舞台を訪ねて-1

マンガ「オリオリスープ」 第45話 「8月中旬 picado」の舞台を訪ねて

 『モーニング・ツー』及び講談社公式サイトで並行連載中の作品。本の装丁などを扱うデザイナー・原田織ヱと四季折々のスープにまつわる物語です。
第45話8月中旬「picado」で織ヱたちは社員旅行で長崎を訪れます。
本話が掲載されている単行本第3巻の「長崎雑記」は長崎グルメが満載で注目です!

作品名 オリオリスープ
作 者 綿貫芳子 氏

オリオリスープ第 3巻©綿貫芳子/講談社

眼鏡橋

社員旅行で長崎を訪れた織ヱ達の集合場所

織ヱ達の集合場所として登場する眼鏡橋は、寛永11年(1634)架設されました。川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われます。また昭和57年(1982)の長崎大水害で一部崩壊しましたが翌年復元され、国の重要文化財に指定されています。近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を集めています。

崇福寺

寛永6年(1629)、福州地方の唐人たちの希望で、唐僧超然が招かれ建立されました。
長崎市内の鍛冶屋町にあり、殿堂内の仏像仏具類は、中国人名匠の手によるものです。第一峰門と大雄宝殿は国宝に指定されています。

大浦天主堂

世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台
幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会。浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となりました。

中通り商店街

江戸中期から続く、長崎でも最も歴史ある商店街。地元に密着したお店が並びます。眼鏡橋のかかる「中島川」とお寺が立ち並ぶ「寺町通り」の間に位置し、歩くと長崎らしいゆったりとした雰囲気を味わえます。明治時代から続く老舗や愛らしい尾曲がり猫に出会えたりも。

Local speciality(郷土料理) Picado(ヒカド)

織ヱとビエンがご馳走になった長崎の郷土料理です。語源はポルトガル語の"Picado"で「細かく刻む・調理する」の意味。和(日本)・華(中国)・蘭(西洋)の影響を受けた料理で、さつまいもでとろみをつけた具だくさんのスープです。

コラム

-1

詳しいレシピは旅する長崎学のコラムをチェック

レシピはこちら

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.