【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中
Nagasaki Harmony 2-1

Nagasaki Harmony 2

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
450年におよぶ「想い」の物語。

Nagasaki Harmony 2 をご覧いただく皆さまへ

長崎の教会はその美しい姿で、
見る人の心をとらえます。
けれど、建物の背後にある人々の「想い」にこそ、
じつは、いちばんの価値があるのかもしれません。

長崎の教会の背後には、
長く困難な歴史があります。
江戸から明治にかけ、
激しい弾圧・迫害が繰り返し行われ、
キリスト教は途絶えてしまったはずでした。

そんな中で、ひそかに信じることを
あきらめなかった
人々の「想い」が受け継がれ、
貧しさの中で建てられたのが
長崎の教会です。

多くの教会は、資金不足の中で建てられたため、たくさんの工夫が見られます。

黒島天主堂に使われている木材の木目は、
ひとつひとつ手で描かれたものです。
安価な木材しか使えなかったがゆえの工夫ですが、
その木目のひとつひとつに「想い」を見ることができます。

頭ヶ島天主堂は、石造りの教会です。
砂岩の産地であったため、石を積み重ねて建立されたのですが、
途方もない労力と時間がいるものでした。
その労力と時間にも、「想い」を見ることができます。

そしてなにより、どんなに古い教会であっても、
息をのむほど清潔に美しく保たれています。
そこにも「想い」があります。


  ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ふだん決して表舞台に立つことのないシスターの方たちが、
受け継いだ想いを、未来へとつなげるために、
今回、特別に出演をしてくださいました。

長崎の教会を見るとき、献身的に働くシスターの姿を見るとき、
私たちは、光を見ることができます。
それは、人々が何百年も受け継ぎ、つないできた想いであり、
希望の光です。

長崎を観光するとき、見ていただきたいのは、この光です。
くしくも、観光とは「光を観る」と書きます。

国籍や、宗教を超えて、わかりあおうとすること。
困難なときにも、希望を持ち続けること。

人々が受け継いできた光を、長崎の教会を通じて、
ぜひ、感じていただければと思います。

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.