旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]
  • 2022/01/06
  • 番組

【1/8(土)より放送開始】永瀬廉さん主演 土曜ドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』

  • 【1/8(土)より放送開始】永瀬廉さん主演 土曜ドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』-1

長崎が舞台のNHK土曜ドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』が2022年1月8日(土)より放送されます<全4回>
総合 毎週土曜 よる9時放送です。是非ご覧ください!

◆放送日
NHK総合 毎週土曜 よる9時

◆主演
永瀬廉(King & Prince)※NHKドラマ初主演


◆番組概要
江戸時代、西洋への唯一の窓口となり、いわば国際都市として栄えた長崎。出島に出入りし、オランダとの交易を、通訳として支えてきたオランダ通詞(つうじ)たちは、政治的な交渉にも立ち会い、情報収集にあたるプロフェッショナル集団だった。
嘉永2年(1849)。ペリーの黒船来航まで、残すところ4年。オランダ以外の西洋列強、アメリカ、イギリスなど諸外国の影が年々色濃くなり、長崎は波乱の時代を迎えていた。通詞たちには「早急に英語を学べ!」の大号令が下される。そんな長崎に、通詞だった父の失踪の謎を追って江戸からやってきた青年・伊嶋壮多(いじま そうた)。たぐいまれな語学センスと好奇心を持つ壮多は、名通詞・森山栄之助(もりやま えいのすけ)の英語塾で学ぶことになる。
壮多の周囲では、長崎ならではの密輸事件が起きる、そして、父の秘密を知る老通詞の死。壮多は、唐人の父を持つ妓楼(ぎろう)の少女や、剣術自慢の若通詞といった仲間たちと共に、真実に挑む。自らも葛藤しつつ、壮多を懸命に導く森山。親しみやすさと怪しさを合わせもつ謎の男・神頭(こうず)が現れたことで、壮多たちは思いがけない企みに巻き込まれていく。  
来たる新たな時代に、おののきつつも心を躍らせる若者たちの冒険が始まる。

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。