鰐浦園地

(ワニウラエンチ)

韓国・釜山まで約50㎞の上対馬では、天候に恵まれると韓国を見ることが出来る。

エリア
対馬
テーマ
自然・景観
アクセス数78Views

鰐浦(わにうら)はヒトツバタゴの最大の自生地で、国の天然記念物に指定されています。
高さ15メートル、径70センチメートルにも達する落葉高木のヒトツバタゴは大陸系の花で、日本ではこの対馬、上対馬町鰐浦一帯と中部地方の木曽川流域にのみ自生します。鰐浦では入江を囲む山の斜面に多く、花期ともなると静かな海面を真白にてらして非常に美しいです。この様子から別名ウミテラシとも呼ばれています。現在、自生木だけで3000本を超え、国内にこのような大規模な野生が見られるのはここだけです。
また眼下に航空自衛隊海栗島レーダー基地があり、水平線には、天候に恵まれると、韓国釜山市の街並が見えます。
秋から冬にかけては、特に良く見え、見えるときはビルの窓まで分かるといいます。

 

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒817-1723 長崎県対馬市上対馬町鰐浦
電話番号 0920-86-3111(対馬市上対馬地域活性化センター)
アクセス 対馬空港から車で約2時間
ウェブサイト 公式サイトはこちら

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット