木坂御前浜園地

(キサカオマエハマエンチ)

夏にはキャンプや海水浴客で賑わう。前方の海岸部にヤクマの塔が数基建っており、園内では藻小屋が展示されている。

アクセス数82Views

対馬の海付の村々では、晩春の頃、舟を操って「藻きり」をしたり、海岸に漂着した寄藻を干して麦の肥料としました。
この藻を貯える納屋を「藻小屋(もごや)」と呼びました。
また、対馬の古い俗神として、固有の特色を持つ天道信仰は、神仏習合の典型的祭祀習俗を伝承してきました。
「ヤクマ」と称する祭礼は、この天道の祭りであり、旧暦6月初午の日にこの塔の面前で祭祀を行います。
海岸の石を円すい状に積み上げて、男児の健やかな成長や五穀豊穣を願う伝統行事で、「ヤクマ祭り」と言われます。
石塔は「ヤクマの塔」と呼ばれます。
以前は対馬各地で見られましたが、今では、この木坂地区と青海地区のみに残っています。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒817-1303 長崎県対馬市峰町木坂
電話番号 0920-83-0301(対馬市峰地域活性化センター)
アクセス 対馬空港から車で約1時間14分
ウェブサイト 公式サイトはこちら

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット