八丁郭

(ハッチョウカク)

厳原町南部の浅藻地区の山中にあり、古くは卒土(境外)と称したもので、天道信仰の聖地でした。

アクセス数1,314Views

対馬では天道信仰の盛んな時代がありました。
天道山、天道地、天道茂などと呼ばれるもので、その古い磐境の跡が見られます。
浅藻の八丁郭もその祭祀の場所で、天道山の南側の麓、千古の神秘をたたえた森の中に苔むした石積みの塔があります。
この浅藻の八丁郭を表八丁郭と言い、天童(天童法師)の墓と伝え、地方天道山の北側の中腹の聖所を裏八丁郭と言い、天童の母の祠と伝承されています。
昔は「恐ろしい所」とされた不入の聖地でしたが、最近では周辺に桜やツツジ等を植え、花の咲く頃は憩の場として住民に利用されています。市指定記念物です。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒817-0153 長崎県対馬市厳原町浅藻(奥浅藻地区)
電話番号 0920-52-1566(対馬観光物産協会)
休日
料金 無料
アクセス 厳原港から車で約54分
ウェブサイト 公式サイトはこちら

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット